40代が実践すべき脚痩せダイエット方法

2018年2月17日

最近では「美魔女」という言葉が浸透したので、痩せにくいとされる40代でもスタイルや美容の向上に励んでいる人が増えました。

 

テレビや雑誌でも「美魔女コンテスト」が取り上げられ、その美しさから40代でも”痩せて綺麗になることができる”という希望をもらうことができます。

 

しかし、年を重ねると体型を維持するのも難しくなってきます。

 

若い20代であれば少し運動したり食事制限をすることで痩せることができますが、40代になるとそうもいきません。

 

なかでも「足が太くなった・・・」「どうすれば足が痩せるの?」なんて悩む人が多いです。

 

けれども、40代でも足を痩せることができるのです。

 

たとえ40代だとしても「美魔女」と呼ばれる人がいますよね?

 

そういった人たちがいるからこそ、「40代でも足を細くすることができる」といえるのです。

 

つまり、”年を重ねても痩せることができる”ということです。

 

その前にまず20代と40代の違いを認識することから始めていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

■20代と40代の違いを理解した上でダイエットを実践しよう

 

20代と40代ではカラダの変化があるので、「20代で痩せた方法」を40代になって取り入れたとしても同じ効果を得ることができないのです。

 

では、何が変化しているのでしょうか?

 

【カラダの変化】

体力の低下

基礎代謝の低下

女性ホルモン減少

 

このように年を重ねることで必然的に「痩せにくい体」へと変化しているのです。

 

体力は衰え、代謝機能も低下しているので20代と同じダイエットを行おうとしても同等の効果を得ることができません。

 

たとえば、ダイエットで「夕食に米粒を食べない」という食事制限をしても20代と40代では”基礎代謝”が違うので痩せ方に変化が生じます。基礎代謝が高い20代であれば「食べない分=痩せる」という図式が成立しますが、基礎代謝が低い40代では「食べない分=維持」になるのです。

 

つまり、40代は「基礎代謝が低下しているのでその低下した分を食べないことで穴埋め」していることになるのです。

 

言い換えれば、「20代の頃に食べていた量」を「40代になっても食べている」とするなら基礎代謝が落ちている分体重は増加するということです。

 

 

40代のダイエット方法

 

若い頃と比べて体力面でも衰えを感じる40代。
「痩せたい」という気持ちが先行して過度なダイエットをしたところで失敗に終わってしまいます。

 

ですので、始めのうちは激しい運動はなるべく避けて、体力向上に努めましょう。

 

そこで具体的な方法になりますが、手軽に始めることが出来て、オススメの方法としては”有酸素運動” を取り入れる事になります。

 

【有酸素運動】

規則的で繰り返しのある比較的軽い運動
(20分以上続けて行うことによって脂肪が燃焼されます)

 

ジョギング
ウォーキング
水泳
ヨガ
ストレッチ

 

運動だけでなく、同時に食事面の改善をすることでより高い効果を期待することができます。
なぜなら、食べ物によってカラダは作られるので栄養が不足すると体のどこかに影響がでてしまうからです。それに、栄養バランスが偏ってしまうと骨粗鬆症や肌トラブルにも繋がる恐れがあるので、美しく健康でいる為には普段の栄養バランスが重要となってくるのです。

 

 

■40代が実践すべき脚が痩せる方法

 

基礎体力の低下によって血液の循環やリンパの流れが悪くなります。
そうなると、体の老廃物が溜まりやすくなってしまうので40代では「足がむくむ」「足が冷える」といった悩みが増加してしまいます。

 

ですので、体重に変化が無くても「足のむくみ」を解消するだけで足の太さは全然変わってくるのです。

 

その具体的な方法としてはマッサージオイルを使用して「足のリンパマッサージ」をすることになります。

 

これは、リンパマッサージをすることで老廃物が排出され、「足のむくみの解消」を目的としていますが、それだけでなくリンパ節というのは血行を良くする働きがあるので、足のむくみを解消させるだけでも他の部分が引き締まったりとダイエット効果が期待できるのです。

 

しかも、リンパの流れがよくなることで「痩せにくい体」へと近づけることができるので”足”だけでなく”顔”やその他部分もリンパマッサージすることをオススメします。

 

『関連記事:ぽっこりお腹をへこます方法を原因から考える』