40代は「むくみ」のせいで痩せないの!?

2018年1月30日

人間は40代、50代と年齢を重ねるにつれて「痩せにくいカラダ」になっています。

 

ですので、年を重ねるにつれて”ダイエット効果を実感できない人”が増えるのも仕方がないことですが、努力しているのにも関わらず体重が減らない場合はもしかしたら「むくみ」に原因があるかもしれません。

 

その「むくみ」を解消することでダイエット効果を実感できるかもしれないので、ダイエットしても”痩せない”と感じている40代、50代の方は「むくみ」に注目してみてください。

 

 

スポンサーリンク

■男性より女性の方が”むくみやすい”

 

一般的に男性よりも女性の方が「むくみやすい」といわれておりますが、その理由には「筋肉量」が関係しています。

 

筋肉の役割はただ身体を動かすだけでなく、熱を作りだす事や重力からの姿勢を保つなど様々ありますが、全身の血流も筋肉が収縮することによって流れています。

 

その点を踏まえて「むくみ」について考えてもらえば分かり易いですが、例えば「足の血液を心臓に送り返す」という身体の構造について考えてみて下さい。

 

これが男女のむくみに対する違いになりますが、女性は筋肉量が少ないので、血液を心臓に押し上げる力が足りず「押し上げることができなかった血液の水分」が足に溜まってしまうので、「むくみ」になってしまうのです。

 

反対に男性は女性に比べると筋肉が多いので「むくみ」を感じる人が少ないのですが、男性でもショップ店員やデスクワークであればむくみが生じる場合があります。

 

これは長時間同じ姿勢をすることによって血流が悪化してしまうからであり、このような環境で過ごしている女性の場合は特にむくみを感じることでしょう。

 

つまり、なにかしらの原因により、「血液の流れが滞る」ことによって「むくみ」が発生してしまうのです。

 

 

 ■なぜ「むくみ」が痩せないことに繋がるの?

 

「むくみ」の原因としては血液の流れが悪くなることにありますが、血液の流れが悪化してしまうとむくみを発症させるだけでなく、「脂肪」を溜め込んでしまうことにも繋がります。

 

そのまま放置してしまえば、脂肪より厄介な「セルライト」に変化してしまい、落とす為にはかなりの努力が必要となるので、セルライトになる前段階から対策すべきといえるでしょう。

 

血液の流れが悪くなることで老廃物が体内に溜まってしまい、その老廃物と脂肪が合体して「セルライト」を形成する事で、”太りやすいカラダ”へと変化してしまうので、状況が悪化してから対応するのではなく、「むくみ」の段階もしくはそれ以前の段階から対策する事を心掛けて下さい。

 

日々生活している中で「むくみ」など些細な変化に気付く事があるかと思います。

 

その”些細な変化”を放置しておくと後になって大きな問題となって返ってくるので、「予防」「早期改善」が大きな効果をもたらす事を忘れてはなりません。

 

『関連記事:ダイエットでセルライトを消す方法とは?』

 

 

■むくみの解消法

 

むくみの解消法には「食事の改善」と「リンパマッサージ」が効果的になります。

 

◇食事の改善

●糖質や糖分を摂りすぎると血液の循環が悪くなる

●塩分は水分を溜めこむ性質があるので摂りすぎに注意

●発酵食品を摂取する

●生姜、シナモン、ネギ類を摂取して血行をよくする

 

◇リンパマッサージ

入浴中やお風呂の後はカラダが温まっているので血液の循環がよくなっています。

その時に「むくみ」が気になっている部分や「むくんでる」部分をマッサージすることでリンパの流れを促進することが効果的になります。

また、お風呂の後にストレッチすることで血液やリンパの流れを促進する効果があるのでオススメとなります。

このように、「むくみ」というのはカラダが痩せない理由の一つとして考えられます。特に女性はむくみやすいのですが、40代や50代と年を重ねると代謝も悪くなるので更にむくみやすくなってしまいます。

ですが、「むくみ」を放置すると「セルライト」に繋がる恐れもあるので、早い段階での改善が大切といえるでしょう。

もし、「セルライト」や「ダイエット効果を実感できない」という悩みがあるならば、その原因は「むくみ」にあるかもしれません。

”美しいボディ””痩せやすいカラダ”を手に入れる為にも「むくみ」を上手にケアしてください。

 

『関連記事:何故痩せないのか?40代のダイエット方法』