40代でも痩せる事はできる!自宅で簡単に基礎代謝を上げる方法とは?

2018年2月15日

40代になると仕事面でもプライベート面でも忙しくなります。

 

管理職になって責任や仕事量が増える人もいれば、子供を育てながら働いている人もいるように、40代は若い時と比べて”自分の時間”が無くなってしまいます。

 

ですので、せっかくダイエットを始めても時間を取ることができずに「ダイエットが続けられない」とか「いつの間にかやらなくなってた」ということが起こってしまうのです。

 

そうならない為にも「自宅でも簡単にできるダイエット方法」を紹介するので是非取り入れてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

■基礎代謝を自宅で簡単に上げる方法

 

40代が痩せない原因として「基礎代謝の低下」があげられます。

 

基礎代謝とは生命維持活動の為に必要なエネルギーのことで、寝ていても消費するエネルギーのことです。その「基礎代謝」というのは20代がピークとなり40代では急激に低下してしまいます。

 

このように「基礎代謝が低下」すると、運動しなくても脂肪にならなかったエネルギーが、消費されなくなるので脂肪になってしまうのです。

 

そうなると、脂肪がつきやすく「痩せにくいカラダ」になってしまうので、20代と比べて40代は「痩せにくい」いわれるのです。

 

ですので、「基礎代謝を上げる運動がダイエットに効果的」となるのです。

 

 <踏み台昇降運動>

ダイエットでウォーキングやランニングを取り入れようと思っても、家事や仕事が忙しければ続ける事ができません。だからといってダイエットを諦めるわけにはいかないと思うので、そのような人は自宅で「踏み台昇降運動」することをオススメします。

 

【踏み台】市販の踏み台でも自宅の階段でもどちらでもOK

【高さ】15cm~30cmがオススメ

【時間】最初は1日10分で慣れてきたら1日30分を目安

 

踏み台昇降運動は腹筋や背筋・太もも・お尻に効果的となり、自律神経を整える働きもあります。ですので、基礎代謝を上げる効果だけでなく便秘や腰痛にも効果があるとされています。

 

<腹式呼吸>

腹式呼吸は場所や時間を問わずにできる方法になります。
ですので、忙しく時間が無い人でも取り入れる事ができるダイエット方法になります。

 

【方法】鼻から吸い込んだ息をお腹にためて口から吐き出す呼吸法

【ポイント】息を吸い込んだ際にお腹に風船が入ってるイメージ

【時間】6秒かけて息を吸い込んで10~12秒かけて吐き出す

【セット】1日10セットが理想的

 

腹式呼吸は「大胸筋」を鍛えることから基礎代謝を上げることに繋がります。
それに腹式呼吸は深い深呼吸を繰り返すので”リラックス効果”があり、ストレス解消にも期待できます。

 

 

■40代からのダイエットを成功させるために

 

40代になると体の変化や環境の変化によって自然と痩せにくくなってしまいます。

 

「体の変化」とは代謝、ホルモンバランス、筋力低下、といった部分になり、「環境の変化」とは運動する機会、ストレス、食事時間といった部分になります。

 

これらは一部にすぎませんが、若い頃と比べて変化していることに変わりはありません。

 

しかし、その変化をしらなければダイエットに挫折してしまう確率も高まってしまいます。

 

なぜなら、変化しているからこそ成果がでるまでの道のりが長くなっており、それに「変化」している部分を改善することができなければ痩せることはできないからです。

 

もし、あなたがダイエットをしていて効果を実感できないなら「努力のベクトルが間違っている」か「努力量が足りない」のどちらかになります。

 

後者はいうまでもありませんが、前者に関しては本当に多くの人が当てはまります。

 

いくら頑張ってもダイエットの成果を実感できなければモチベーションも低下してしまい、そのうちダイエットをやめてしまうことに繋がってしまいますが、間違った方向へ進まない為にも「体の変化」や「環境の変化」を知る必要があるのです。

 

ダイエットを成功させるためには、まず全体像を理解することから始まり、そして痩せない原因や太る原因の改善へと進めていくのです。

 

闇雲にダイエットを実践しても効率的とは言い難いので、ぜひこうした理解を深めてダイエットに取り組むようにして下さい。

 

『関連記事:40代のダイエットをカラダの変化点から読み解く』