お腹が空く理由は?ダイエット成功させる為に必要な知識

2018年2月17日

ダイエットを始める前に理解してほしいのが「カラダの仕組み」になります。

 

なぜなら、ただ闇雲に頑張るよりも仕組みを理解して効果的なアプローチをした方が圧倒的に成果が出やすいので、精神的な面でも負担が少なくて済むからです。

 

それに、成果が出ればダイエット続けるモチベーションにも繋がり、より一層ダイエットに対する意識が向上するでしょう。

 

こうした理由があるからこそ「カラダの仕組み」を理解した上でダイエットを始めることをオススメしています。

 

 

スポンサーリンク

■お腹が空く理由は?

 

ダイエットにとって「空腹」は天敵となります。

 

ダイエット経験者なら分かると思いますが、せっかくダイエットで運動や食事改善しても、空腹を我慢することができずに物を食べてしまっては、痩せるどころか太ってしまうので、空腹はダイエットにとって天敵となるのです。

 

ですので、ダイエットにとっては「空腹」を理解することができれば成功できたといっても過言ではないでしょう。

 

空腹時の対処の前にまず「お腹が空く理由」を考えていきましょう。

 

<お腹が空く理由は血糖値が影響している>

お腹が空く理由は「血糖」にありますが、よく「血糖値」という言葉を聞いたことありませんか?

 

この「血糖値」とは、血液中に流れるブドウ糖の濃度のことであり、人間が空腹を感じる時は血糖値が下がることが影響しているのです。反対に、食事をした後は血糖値が上がって脳の満腹中枢が刺激されるので「お腹一杯」と感じています。

 

しかし、「食べ過ぎ」などによって血糖値が急激に上昇してしまうと、それもまた”血糖値を下げる原因”になってしまうのです。

 

これは、血液が急激に上昇することで、体内にある「インスリン」というホルモンが大量に分泌されてしまい、このインスリンが大量に分泌されると血液の糖を体内に取り入れる活動が活発になってしまいます。

インスリンとは・・・血液中の糖を細胞に取り込んで血糖値を下げる働き

そうなると血液中のブドウ糖が減り、血糖値が下がってしまうので「お腹が空いた」と感じ、それが空腹へと繋がってしまうのです。

 

ですので、このようにインスリンが大量に分泌されると空腹を発生させその空腹を我慢できずに食べてしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

■空腹を防ぐにはどうすればいいの?

 

空腹を防ぐことができればダイエットが成功する可能性が高まります。

 

なぜなら、空腹を防ぐことで「摂取カロリー<消費カロリー」という図式を成立させることが出来れば痩せることができるからです。

 

言い換えれば、「いかに空腹を防ぐことができるか?」がダイエットの鍵となるわけです。

 

では、空腹を防ぐにはどうすればいいの・・・?

 

それは、「血糖値の上昇を緩やかにすること」が必要となります。

 

前述した通り、血糖値の上昇が急激になってしまうとそれを下げる為にインスリンが大量に分泌され、空腹を感じやすくなります。

 

ですので、血糖値の上昇を緩やかにすることが空腹を防ぐことに繋がるのです。

 

<血糖値の上昇を緩やかにする方>

  • ・食事の時間帯を不規則にしない
  • ・よく噛む(一口30回が目安)
  • ・食べる順番を変える(野菜や海苔に含まれる食物繊維を先に食べる)

 

このように血糖値の上昇を緩やかにすることで空腹を防ぐことができます。

 

<空腹を我慢してストレスを溜めてはいけない>

これはダイエットによくある話ですが、多くの人が「ダイエット=食べてはいけない」という間違った認識を抱いています。ダイエットは「食べてはいけない」のではなく、「摂取カロリー<消費カロリー」という図式をいかにして成立させるか、が大切であり我慢比べになってはいけません。

 

しかし、間違った認識をしている人は多く、「ダイエット=食べてはいけない」と考える人はまだまだたくさんいるのです。

 

ただ、これでは「我慢する」ということがどうしてもストレスを与えてしまいます。

 

一時的には乗り越えられるかもしれませんが、それが続くとなるといつかは肉体的だけではなく、精神的にも無理が生じるでしょう。そうなれば、常にイライラしてしまい、人間関係さえも壊してしまう可能性があり、拒食症やドカ食いを招く恐れもあります。

 

このように、我慢によるストレスがどれだけ悪影響を与えのか理解できるかと思いますで、我慢してストレスを抱えないようにして下さい。

 

 

■お腹が空く理由まとめ

 

空腹はダイエットの敵であり、できるだけ発生させないことがダイエット成功の”鍵”となります。

 

ですので、もしあなたがダイエットで空腹を感じているならまずは「空腹」を防ぐことから対処してください。

 

それができることで「摂取カロリー<消費カロリー」という図式が成立するかもしれません。

 

ただ、その中で「我慢」という壁にぶち当たると思いますが、「一時的に我慢するとき」と「そうでないとき」をしっかりとコントロールするようにして下さい。

 

「ダイエットを成功させたい」、「絶対に痩せたい!」という強い気持ちは理解できますが、ダイエットをすることによって、それ以上に大切なものを失ってしまっては元も子もないですから。

 

痩せる為には「空腹」のメカニズムを理解することが重要となりますが、同時に自分自身を見失わないように気を付けてくださいね。

 

『関連記事:ダイエットを成功に導く環境』