ダイエットが続かない!痩せたい!という人が陥る行動パターン

2018年2月22日

ダイエットで重要となるのが「継続性」になります。

 

なぜなら、いくら効果的な方法があったとしても、それを続けることができなければ痩せることができないからです。

 

このように考えるとダイエットでは「手軽さ」や「簡単さ」という点にフォーカスしてダイエットを取り組むことで成功する可能性を高めることができる、といえるでしょう。

 

ですが、ここで注意しなければいけないのが「目標」になります。

 

ダイエットを始める際は「1か月で3キロ痩せる!」とか「2か月で5キロ痩せる!」といった具体的な目標を立てる人がほとんどですが、ここが問題となってくるのです。

 

 

スポンサーリンク

■ダイエットが続かない理由は「目標」にある?!

 

ダイエットを始めた時は「理想の自分」「理想の体型」を夢見て期待が膨らむからモチベーションが高い状態にあります。

 

これに関しては決して悪い事ではなく、むしろダイエットを続ける活力に繋がるので良い考え方であるといえます。

 

ですが、ここで問題となってくるのは「目標」であり、その目標の中でも「短期的な目標」つまり「細分化された目標」こそがダイエットが続かない原因にもなってしまうのです。

 

いまいちピンと来ない人もいると思うので具体的に例を挙げてみますが、例えばダイエットを始める際に「1年で10キロ痩せる!」という目標を立てたとします。

 

この時点では、ゴール設定が1年後にされているので問題ありませんが、問題はその「1年で10キロ痩せる」という目標を細分化したときに表れるのです。

 

たとえば、「1年で10キロ痩せたい」という目標を細分化してみると「1か月で約800グラム痩せる」計算になり、「1日約30グラム痩せる」という計算を導き出すことができますが、このように細分化することが問題となるのです。

 

なぜなら、ゴール設定が1年後にされている場合だと、仮に直近の数か月で太ってしまったり痩せなかったとしてもダイエットを長期的なものとして捉えているから過度なダイエットをしないはずです。

 

しかし、「1年で10キロ痩せる⇒1か月約800g痩せる⇒1日30g痩せる」このように1年の目標を細分化してしまうと、目の前の目標を達成できなかった時に過度なダイエットをしてしまう可能性があります。

 

つまり、極端な食事制限をして無理に計画通りに進めようとしてしまうことに繋がってしまう、ということです。

 

仮にそうならなかった場合だとしても、「計画通りに進まなかった!」「計画通りに進まないからダイエット辞めよう」といった結論を導き出してしまい、ダイエットを投げ出してしまうので、いつも「ダイエットが続かない・・・」ということになるのです。

 

 

■「痩せたい!」と思う人こそダイエットを長期的に捉えるべき

 

このように目標を細分化することが知らないうちに「自分の首を絞めている」可能性があります。

 

計画通りに進まないことで「焦り」を感じてしまい、過度なダイエットに走ってしまったり、ダイエットを投げ出してしまったり、とその結果は様々ですが「ダイエットが続かない」という結論であることには変わりありません。

 

そうなると、いつの間にか「理想の自分」や「理想の体型」という最終的な目標を忘れて、「目の前の”計画”を達成すること」が作業になってしまい、いつしかその本質的な部分も忘れてしまうでしょう。

 

これでは、ダイエットがストレスに感じてしまい「リバウンド」にも繋がってしまいます。

 

そのようにならない為にも、ダイエットは長期的な視点をもって取り組むことが大切となり、精神的にも余裕を持ちながら続けていくことが必要となるのです。

 

ただ、ここで間違えていけないのが、「目標を立てることが悪いわけではない」ということです。

 

たとえば、「目標を細分化して管理する」とした場合において、数日や数週間の計画を達成できなかったのならば、そのときに「目標の軌道修正」という選択肢を選べばいいだけ、というわけです。

 

しかし、「目標を達成できなかった!」というときの行動パターンとして、一つが「無理に計画通りに進めようとする」で、もう一つが「諦める」ということになるので、結果的にダイエットを続けられなくなってしまう場合が多いのです。

 

このような結果を防ぐためにも、ある程度幅を持たせたスケジュール管理をすることがダイエットを成功させるうえで必要になり、「長期的な視点」で取り組むことがダイエット成功へ欠かせないことだと思います。

 

ダイエットには「停滞期」と呼ばれる痩せない時期が訪れるのですが、そもそもこうした時期を考慮して計画を立てていなければ「計画通りに進める」ことは難しく、それに停滞期の原因や理由を理解していなければ「なにをしても痩せない…」といってダイエットを投げ出してしまうでしょう。

 

ダイエットを成功させるためには、こうした身体のメカニズムや続けられる環境作りが重要になってくるので、ダイエットをこれから始める人や痩せたいと思う人は是非意識するようにして下さい。

 

『関連記事:ダイエットに成功する確率ってどれくらいなの?』