いつから中年太りになる?中年太りのメカニズムと解消方法

2018年2月20日

40代になると老化現象が始まるので「見た目」や「体」に変化が表れてきます。

 

体が変化することで、若い頃にはダイエットと無縁だった人でも太ってしまったりするのでそれが「見た目」の変化にも繋がってしまいます。

 

このように、40代になると「太りやすく痩せにくい体」になってしまうので『中年太り』する人が増え、そうなると痩せる事が難しくなってしまうのです。

 

ですが、40代でも痩せている人や体型をキープしている人も存在するので、必ずしも「ダイエットに失敗する」とは限らないことが分かります。

 

ただ、ダイエットをしたところで「中年太りのメカニズム」を理解していなければ努力のベクトルが間違ってしまう可能性があるので、ダイエットを成功させたいのであれば「中年太りのメカニズム」や「身体の仕組み」について理解を深める必要があるのです。

 

 

スポンサーリンク

■なぜ中年太りになるのか?

 

40代になると「カラダの変化」によって、”太りやすく痩せにくい体”になってしまいます。

 

この年齢に差し掛かるとよく『中年太り』といいますが、体内ではどのような変化が起こっているのでしょうか?

 

◇基礎代謝の低下

40代になると基礎代謝が急激に低下します。
基礎代謝とは、生命維持活動に必要なエネルギーのことであり、寝ていても消費するエネルギーになります。つまり、心臓や肺、血液といった機能を維持する為のエネルギーを指します。

 

◇女性ホルモンの分泌量減少

「エストロゲン」という女性ホルモンには内臓脂肪を燃焼させる働きや「レプチン」という食欲を抑えるホルモンの分泌量を調整する働きがあります。
40代になると「エストロゲン」の分泌量が減少するので、食欲が増加したり内臓脂肪が燃焼されにくくなるのでお腹周りに脂肪がつきやすく『ぽっこりお腹』になってしまうのです。

 

 

■中年太りの原因から解消方法を導く

 

このように40代になると「基礎代謝の低下」や「女性ホルモンの分泌量低下」といった”カラダの変化”があるので痩せにくくなったり、太りやすくなったりするのです。

 

ですので、こうした原因を理解して、改善方法を導き出すことによって中年太り解消に期待ができるわけです。

 

では具体的にどういった方法があるのでしょうか?

 

◇基礎代謝を上げる方法

基礎代謝を上げるには筋肉量を増やすことが必要になります。
なぜなら、筋肉量が少なくなってしまうとことによって体温が下がってしまい、その結果、基礎代謝が下がってしまうからです。筋肉量を上げる事のメリットは他にも、免疫力アップ・血行が良くなる・ストレスを受けにくい…といったことがあります。

 

では、効率的に筋肉量を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、大きい筋肉から重点的に鍛えるのです。

 

何故なら、大きい筋肉を鍛えることでエネルギー消費が激しくなるからです。

 

筋肉には血行を促す役割があり、大きい筋肉を鍛えるとでその「力」も大きくなります。
その「力」の原動力がエネルギーになるので、小さい筋肉を鍛えるよりも大きい筋肉を上げることの方が効率的だといえるのです。

 

【下半身の筋肉を鍛える】

人の体で最も大きい筋肉が「太もも」になるので、ここを鍛えることで効率的に筋肉量を増やす事ができます。

 

<方法>

スクワット
アダクション
レッグエクステンション

 

一般的なのが「スクワット」になり、スクワットすることで太ももの筋肉だけでなく、下半身全体や腹筋を鍛えることもできるのでオススメになります。

 

筋トレは正しい姿勢で行うことで高い効果を得る事ができるので、回数を行うことを意識するのではなく「姿勢」や「負荷」を意識するようにして下さい。それに、筋トレにジョギングやランニングといった”有酸素運動”をプラスすることによって脂肪を燃焼しやすくなります。

 

◇女性ホルモンの分泌量を増やす方法

女性ホルモンの分泌量は20代をピークに減少していきます。
その影響によって肌のツヤが無くなったり、肩こり・腰痛が増えたり、無気力になったりしてしまうのです。40代になると急激に減少してしまうので、カラダに変化が表れやすくなるのです。

 

では、女性ホルモンの分泌量はどうすれば増やせるのでしょうか?

 

【食べ物から摂取】

女性ホルモンの「エストロゲン」が”ダイエット”や”美容”に効果的な働きをしてくれます。
しかし、エストロゲンは年齢と共に減少してしてしまい、それに「女性ホルモンを増やす」ということはできません。そこで、「女性ホルモンと同じ働きをする成分を摂取する」ということが効果的になり、その一つの方法として食べ物からエストロゲンに近い働きをする成分を摂取することが必要になってくるのです。

 

<食べ物>

大豆イソフラボン
ザクロ
ごま
キャベツ

 

【サプリメントから摂取】

食事からでもエストロゲンに近い働きをする成分を摂取することはできますが、分泌量の減少をカバーする程には遠く及びません。そこで、成分が凝縮させたサプリメントの補給をすることがオススメとなってきます。

ですが、ただサプリを摂取すればいいわけではありません。

何故なら、副作用」があるからです。

40代になると女性ホルモンの分泌量が急激に減少するのですが、だからといってサプリで女性ホルモンを大量摂取してしまうとホルモンバランスが崩れてしまいます。これは「月経」や「排卵」そして「ホルモン」についての知識が無い場合は過度な女性ホルモン摂取が返って逆効果となってしまうからです。

そうなると、

・頭痛

・吐き気

・腹痛

・肌荒れ

・生理不順

といった「副作用」に悩まされてしまうことになるでしょう。

 

ですので、サプリを使用する場合は安全性の高いサプリを選ぶことが重要となり、その「飲み方」や「飲むタイミング」も定められた方法に添って摂取するようにして下さい。

 

 

■中年太りを解消するために

 

中年太りに差し掛かる40代がダイエットを成功させるポイントは「基礎代謝を上げる」ことと「女性ホルモンの分泌を増やす」ことにあります。

 

この2つを取り組むことで高い効果が期待されるのですが、まずはどちらか一方の改善をオススメします。

 

その理由としては、一度に複数のことを改善しようとすると結果的に「中途半端」になってしまい、成果を得る事ができなくなってしまう可能性が高いからです。

 

それを防ぐ為にも、まずはどちらか一方の改善から始めて、慣れてきたらもう一方を取り組み、段階的に活動の幅を広げていく必要があるのです。

 

そしてもう一つ重要なことがあります。

 

それは「継続する」ということです。

 

このように聞くと当たり前のように感じますが、その「当たり前」ということ実際に行うのは中々難しいものがあり、頭で分かっているのと行動できる、は大きく違います。

 

筋トレを取り入れる場合でもサプリメントを取り入れる場合でも、どちらを選択しても効果を実感するのには時間がかかり、人の細胞の変化を見ても「3か月」という期間が一つの目安としていわれているので、効果を実感するまでは最低でも数か月かかると思ってください。

 

これは、効果ばかりを気にしていると「焦り」や「不安」が先行して、甘い言葉に引っかかってしまうからでもあります。

 

「短期間で痩せる!」「誰でも痩せる!」このような謳い文句に騙されてしまい、楽をしようとすることですぐに結果が出ず、これまで続けていたダイエットを辞めてしまう人が多いのです。

 

ですので、短期間での成果を求めるのではなく長期的な視点をもってダイエットに取り組むことが大切なのです。

 

痩せにくい40代でもこうしたを理解を深めること、そして実践することでダイエットを成功させることができるのです。

 

「理想の自分」や「理想の体型」を手に入れる為にも地味な努力を積み重ねる必要があり、その小さな努力がやがて大きな成果を生み出すことを忘れてはいけません。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』