ダイエットに成功する確率ってどのくらいなの?

2018年2月18日

これまでダイエットを経験したことがある人であれば、その「難しさ」や「大変さ」を理解していると思います。

 

なぜなら、ダイエットは自分の意志一つで続ける事も辞める事もできてしまうからです。

 

つまり、ダイエットが大変と感じたり結果が出なかったら辞めてしまうことができるのでダイエットは難しくなってしまうのです。

 

始めから終わりまで自分で管理しなければいけないので、「妥協」や「弱さ」に負けてしまう人がダイエットに失敗するわけです。

 

その点、ライザップなんかは自分ではなく第三者が徹底的に管理してくれるので「結果にコミット」することができるのです。

 

このとき、

 

「お金を掛けてでも絶対痩せたい!」

「どんなに大変でも痩せればいい!」

「自分に負けるから管理してほしい」

 

このように思う人であればライザップのような第三者が徹底的に管理することをオススメしますが、「自分のペース」とか「お金を掛けないで」という場合であれば自分でダイエットをすることをオススメします。

 

しかし、自分ひとりでダイエットをするからといってダイエットに成功できないわけではありません。

 

何故なら、ダイエットを成功させる為に必要なのは「根性」や「意志の強さ」ではなく「正しい方法論」になるからです。

 

”太る原因”や”痩せない理由”を理解して、その原因に対して正しい方法でアプローチすれば痩せることはできるのです。ただ、多くの人はその”原因”や”理由”を理解することなくダイエットに取り組んでいるので、失敗してしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

■ダイエットに成功する人は1割!?

 

アメリカの大手リサーチ会社が、およそ6万人の男女から『ダイエット』についてのアンケート調査をしたところ、ダイエット成功率は”8%”しかありませんでした。

 

言い換えると「約9割の人がダイエットに失敗している」ということになります。

 

ただ、その内容を見ると同じダイエットでも「緊急度」や「動機」によって成功する確率は異なってきます。たとえば、「医師から生活習慣病と診断された」場合であれば”73%”という高い成功率であるにも関わらず「かっこよくなりたい」や「少し痩せたい」という抽象的な動機になると成功率が”8%”にまで下がってしまうのです。

 

この数字だけに注目するとダイエットを成功させる為には「緊急度」や「動機」が必要になると思いますが「医師から生活習慣と診断された」場合でも”27%”はダイエットに失敗しており、たとえ「かっこよくなりたい」という抽象的な場合でも”8%”の割合でダイエットに成功しているので、必ずしもその部分がダイエットの明暗を分けているとは限らないのです。

 

では、どういった部分がダイエットの「成功」と「失敗」を分けているのでしょうか?

 

 

■ダイエット成功と失敗の差は何?

 

ダイエットで痩せるメカニズムは非常にシンプルで「摂取カロリー<消費カロリー」という図式を成立させることができれば、ダイエットは成功するのです。

 

しかし、何らかの原因によって摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうので、体に脂肪がついてしまったり運動しても痩せなかったりするのです。

 

その「何らかの原因」を掘り下げて考えてみると、20代であれば「運動不足」か「食生活の乱れ」が大きな原因となりますが、40代になるとまた別の原因が発生してくるのです。

 

それは、「基礎代謝の低下」や「女性ホルモンの減少」です。

 

【基礎代謝の低下】

基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギー消費のことで、寝ていても消費するエネルギーになります。例えば、脳や心臓・肺といった器官や筋肉・体温…など

その基礎代謝は10代がピークとなり、年齢を重ねるにつれて低下していき、特に40代になると著しく基礎代謝が低下するので自然と「痩せにくい体質」になってしまうのです。ですので、20代ではダイエットで運動を取り入れたらすぐに効果がでるのに40代になると運動しても効果を得られにくくなってしまうのです。

 

【女性ホルモンの減少】

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌も減少していきます。女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、この「エストロゲン」の分泌量が減少することで太りやすくなるといわれています。エストロゲンは別名:美人ホルモンと呼ばれ、食欲を抑える働き・肌や髪質をよくする・自律神経のバランスを保つ…といった働きがあります。40代になると閉経の準備が始まることから徐々に女性ホルモンの分泌が減少していくので、太りやすい体質へと変化してしまうのです。

 

このように若い頃と比べると40代は体が変化していることが分かります。

 

しかし、実際にダイエットを行う当の本人はこうした部分を理解していない場合が多いので、「すぐに結果が出ない…」と嘆き、結果的には「40代になると何をしても痩せることはできない!」と決めつけてしまうのです。

 

ですが、周りを見ても分かる通り40代でもスタイルをキープしている人もいれば、ダイエットに成功した人もたくさんいるので、「40代は何をしても痩せることはできない!」という主張に正当性がないことが分かるかと思います。

 

『関連記事:短期間でダイエットに成功する方法』

 

 

■ダイエットに成功できない人は「継続」できない

 

ダイエットでは方法も重要になってきますが、それ以上に「継続」することが重要になってきます。

 

例えば、消費カロリーを上げる為に「ランニング」を取り入れたとしても走らなければ何にもならないし、サプリを取り入れても買っただけでは痩せることはできません。

 

つまり、「これまでの生活に『変化』を与えてそれを習慣化させなければ痩せることはできない」ということです。

 

ただ、ここで注意しなければいけないのが、「自分の限界ギリギリのラインを継続するのではない」ということです。

 

多くの人はダイエット効果を気にするあまり目標値を高めに設定してしまいます。
これはダイエットを始める際にモチベーションが高い事も影響していますが、目標値を高めに設定してしまうことで、やがてそれが「負担」と感じる時がきます。

 

そうなると、「今日は特別な日」とか「また明日から頑張ろう」といった具合で続けることにブレーキがかかってしまうので、まずは「手軽さ」や「簡単さ」といった部分を重視するようにしましょう。

 

その方法を続けることができて「段階的に負荷を上げていく」ということをすべきなのです。
この「簡単さ」や「手軽さ」というのは一人一人違ってくるので、ダイエットに対するアプローチも一人一人違うことをご理解ください。

 

こうした地道な作業が「健康」や「美しいカラダ」を作っていくのです。

 

 

■ダイエットを成功させるために

 

ダイエットといっても20代と40代では”太る原因”や”痩せない理由”が違うのでアプローチ方法を変えなければいけません。

 

もっといえば、40代でも男性と女性によって違いがあるし、さらにいえば同じ40代女性であっても筋肉量や生活習慣によってアプローチ方法を変える必要があるのです。

 

それぞれ置かれている状況や状態が違うので、そこを理解した上で適切なアプローチをしなければダイエットは失敗に終わってしまいます。
ですから「流行ってるから」とか「友達がやってるから」という理由でダイエット方法を決めるのではなく、それぞれの状況や状態に合わせてダイエット方法を選択するようにして下さい。

 

それをする為にもあなたが”太る原因”や”痩せない理由”を見つめ直す必要があるのです。
そして自分自身を理解する必要があるのです。

 

こういった地道な努力が「理想の自分」や「理想の体型」を作っていくことを忘れないでくださいね。

 

『関連記事:ダイエットを成功に導く環境』