なぜ痩せないのか?太る原因は?40代のダイエット方法はこれ!

2018年2月15日

痩せる為には「太る原因」を知る必要があります。

 

その原因を理解した上で適切な方法を実施することで痩せることはできます。

 

しかし、多くの人はこの部分を理解せずに「流行り」や「口コミ」ばかりを気にしているので、思うようにダイエットの成果を出すことができません。

 

つまり、痩せる方法を追い回すのではなく、”太る原因”や”痩せない理由”を潰し込むことが大切となるのです。

 

10代と40代ではダイエット方法が違ってくるし、もっといえば40代の中でもひとりひとり生活習慣が違うのでダイエット方法も変わってきます。

 

その中で、「原因がどこにあるか?その原因に対してのアプローチ方法は?」ということを考えた上で行動しなければいけないのです。

 

 

スポンサーリンク

■痩せるメカニズムとは

 

40代のダイエット方法をお伝えする前に、まず最初に痩せるメカニズムを理解しておく必要があります。

 

これは年齢とか性別を関係なくして「人間」の性質として考えられるのですが、人間が痩せる為には消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があり、『摂取カロリー<消費カロリー』という図式を成立させることが必須条件となるのです。

 

ですので、”太る原因”や”痩せない理由”というのは「摂取カロリー<消費カロリー」が成立していないことに他ならないので、その原因がどこにあるのかをまずは追及する必要があります。

 

この時、10代や20代といった若い場合であれば殆どの場合「食べ過ぎ」か「運動不足」が原因となりますが40代になるとまた少し原因が違ってきます。

 

それは、「身体が変化」しているので、たとえ若い頃と生活習慣を変えていない場合であっても太ってしまうのです。

 

そこで多くの40代は、

 

「生活習慣を変えてないのに何で太ったんだろう?」

「なにをしても痩せない・・・」

「どうすれば痩せることができるの?」

「10代でダイエットに成功した方法でも痩せない・・・」

 

と悩んでしまうのです。

 

では、40代になるとどういった「変化」が起こるのでしょうか?

 

 

■40代の「カラダ」は何が変化するの?

 

若い頃と比べて40代になると多くの部分が変化しますが、その中でもダイエットと関係のあるものをピックアップしていきます。

 

【女性ホルモンの減少】

40代になるとお腹周りの脂肪が気になるという人が増えてきます。
いわゆる「ぽっこりお腹」と呼ばれるものです。

 

その原因としては、老化によって「女性ホルモンの分泌量が減少」されることにありますが、その前に女性ホルモンについて説明していきたいと思います。

 

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、注目して欲しいのが「エストロゲン」になります。

 

エストロゲンには、内臓脂肪を血液中に流す作用や美肌、なめらかなボディラインにする効果があるといわれ別名「美人ホルモン」とも呼ばれており、その名称からも女性の美しさに影響を与えていることが分かります。

 

しかし、そのエストロゲンの分泌量が減少してしまうと体内に脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。それに、40代から50代の時期は『更年期』と呼ばれて女性ホルモンの分泌が減少することでホルモンバランスが乱れてしまい様々な不具合が生じてしまいます。

 

それを「更年期障害」と言いますが、その不具合の一つが「肥満」となり、肥満になると生活習慣病の原因にもなるので太ることを放って置くことがいかに危険な行為かわかるかと思います。

 

【酵素不足】

人間の体は加齢により体内の酵素が減少してしまうので脂肪燃焼や自然治癒力、毒素の排出といったことがスムーズに行われなくなってしまいます。

 

このように体内に吸収されたエネルギーを使用する酵素が「代謝酵素」と呼ばれ、消化の際に活躍するのが「消化酵素」となります。

 

この2つの酵素には関係性があり、「消化酵素が優先的に使われる」そして「消化酵素をたくさん使うと代謝酵素が不足する」という特性があります。

 

ただでさえ加齢によって酵素が不足してしまうのに、食生活が乱れていたり不規則な食事をしていたらどうなるでしょう?

 

答えは簡単です。

 

「太ってしまう」のです。

 

このように年齢を重ねると「酵素」が不足してしまうので、それを補うためにダイエットサプリやダイエットドリンクには酵素関連の商品が多いのです。

 

【筋肉量の低下】

年齢を重ねると筋肉量も落ちてきます。

 

これはアスリートをみても分かる通り、年を取るにつれて筋肉量が落ちてパフォーマンスが低下するので「現役引退」となってしまうのです。

 

この「筋肉量」と「ダイエット」の関係性は深く、40代になると著しく筋肉量が低下してしまうので痩せにくくなってしまうのです。

 

その理由は、筋肉量の低下が基礎代謝の低下に繋がってしまうことになるからです。

 

基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギー消費のことで、心臓を動かしたり呼吸したりと寝ていても消費するエネルギーの事です。この基礎代謝だけで消費エネルギー全体の6~7割を占めており、その中でも筋肉が消費するエネルギーが大きいのです。

 

ですので、筋肉量が下がってしまうと1日の消費エネルギー量が少なくなってしまうことになってしまうのです。

 

冒頭で述べたように痩せる為には「摂取カロリー<消費カロリー」を成立させなければいけません。そのうち、筋肉量が落ちる事で消費カロリーが少なくなってしまうのであれば、「摂取カロリーを減らす」か「消費カロリーを上げるか」どちらかを選択しなければ太ってしまうことになるのです。

 

『関連記事:ダイエットでセルライトを消す方法は?』

 

 

■40代のダイエット方法はどうすればいい?

 

40代のダイエットで重要なことは基礎代謝を上げることです。

 

若い時は体重が増えてしまっても基礎代謝が高いので運動、食事制限をすれば短期間で痩せることが可能です。

 

それに対して40代のダイエットは時間をかけて生活習慣を改善する必要があると言えます。

 

その基礎代謝を上げる為に必要な方法としては、「食生活の見直し」、「適度な運動」、「質の高い睡眠」と言えるでしょう。

 

要するに早寝早起きをして栄養バランスのいい食事を摂る、さらには適度な運動とストレスを溜めないことが大切となるわけです。

 

また、シャワーで済ますのではなく湯舟に浸かってしっかりと汗をかき、出来れば22時にはベットに入るのがダイエットの為、さらには健康、美容の為にも理想の生活習慣と言えます。

 

ちなみに「質の高い睡眠」をとることは成長ホルモンの分泌に繋がります。

 

成長ホルモンには脂肪の分解、血液中のコレステロールを下げる働きがあるので質の高い睡眠はダイエットに繋がるのです。

 

よく「睡眠不足が太る」と言われますが、その理由にはこうした背景があり、成長ホルモンの分泌量が減ると中性脂肪が増えてしまうので太りやすい体質になってしまうからなのです。

 

 

■40代のダイエットは「食事改善」がポイント

 

食生活を改善するポイントとしては「栄養のバランスのいい食事」をすることになります。

 

しかし、現代社会においては食の欧米化が進んでいるので、油物、肉類中心の食生活になっている人が多いです。

 

そういった食生活を送っているのであれば、改めて野菜、魚をメインとした和食中心の食生活を心がけてるようにして下さい。

 

和食中心の食生活に切り替えることで摂取カロリーを控える事ができ、ダイエットに限らず健康にも繋がり、それに味付けを薄めにして塩分を控えることが「むくみ」を予防することにも繋がるのです。

 

「むくみ」はセルライトに繋がる可能性があり、セルライトは脂肪と違って解消するのに時間を要します。

 

足や顔のむくみが解消されるだけで見た目もスリムになるので、食生活を見直すことがダイエットでは重要なポイントとなるのです。

 

他にも酵素を含む食事に改善することをオススメとなります。

 

酵素を含む食品としてはヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品、さらには味噌や醤油などの調味料にも酵素が含まれているので和食がダイエットにいいというのは酵素を摂取することが出来るという点も挙げられるのです。

 

『関連記事:セルライトの原因と解消方法』

 

 

■具体的な運動方法は?

 

基礎代謝を高める為には「筋肉量」を上げることが効率的になります。

 

しかし、毎日腹筋や背筋を行えばいいわけではありません。

 

筋トレをする際には「日ごとに部位を分けて行う」というとこがポイントになります。

 

例えば、

 

月曜日→腕
火曜日→腹
水曜日→足
木曜日→休む
金曜日→体幹
土曜日→背中
日曜日→胸

 

このようにローテーションを採用することをオススメしますが、別に「1日で全てをやって2~3日休む」といった方法でも問題ありません。

 

しかし、「一回の負担を減らす」ことや「毎日続ける」という部分を考えると、日ごとに筋トレをするローテーションを採用した方がいいと思います。

 

そして、慣れてきたら筋トレに加えてウォーキングやランニングを20分以上するようにして下さい。

 

一般的に「20分以上の有酸素運動をすることで脂肪が燃焼し始める」とされているので、ウォーキングやランニングの目安として20分以上は続けることがオススメです。

 

ただし、40代は体力が落ちているのでその点にも注意するようにして下さい。

 

これは、若い時と同じ感覚で実践すると筋肉通になったり、翌日疲労で仕事どころではなかったりといろいろ弊害が出てしまうからです。

 

ただ、最も重要なことは継続して運動を続けることなので、普段運動を全くしていないという人は無理せずできる範囲内からスタートましょう。

 

最初は週に1回の筋トレ、10分のウォーキングでもいいので少しづつ増やしていくようにしましょう。

 

地道な努力なくしてダイエット成功はないのです。

 

『関連記事:ぽっこりお腹をへこます方法を原因から考える』