40代からのダイエットは基礎代謝や生活代謝を意識すべき

2018年2月18日

人生の一番油の乗った時期は30代~40代と言われています。

 

経験や知識を蓄え、体力もある、食欲もある一番いい年代ですが、体にとっても「大きな変化」が訪れる時期でもあります。

 

たとえ体は健康であったとしても、多くの人の悩みとなるのが「体型の変化」です。
背中やお腹、お尻や太ももなど、年齢を重ねると10代20代では考えられないような所に贅肉がついてしまい、多くの40代を悩ます種と言えるでしょう。

 

ダイエットをしても、10数年前なら短期間で体重を減らせたり、体型を絞れたりしましたが、40代に差し掛かる頃から成果を得られにくくなってしまいます。

 

このギャップによって多くのが悩み、そして絶望を感じてしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

■40代は「基礎代謝」や「生活代謝」が変化している

 

では、なぜ40代になると簡単に痩せることができなくなってしまうのでしょうか?
そして体に何が起こっているのでしょうか?

 

これは結論から言ってしまうと、40代は体の「代謝」が低下していることが痩せない理由の一つとしてあるのです。

 

人間には基礎代謝と言って、体を動かさずじっとしていても消費されていくエネルギーがあります。例えば、呼吸や心臓の活動に消費するエネルギーになります。

 

ここが若い時との「変化」になるのです。

 

では、若い時と比べて年を取るとなぜ基礎代謝の量が変わってくるのでしょうか?

 

答えは、「筋肉量」の違いです。

 

体質による個々の違いはありますが、40代なると筋肉量の減少によって基礎代謝の量も減少していくのです。その結果、若い時と同じ食事量だったとしても、筋肉量は落ちており体の消費エネルギーも減少していることから、減少した分だけ贅肉へと変わってしまうのです。

 

そして、もうひとつ説明しておきたいのが「生活活動代謝」についてです。

 

これは普段の生活の中で必要になるエネルギーの事を言います。
例えば、テレビを見ることや運動すること、仕事によるもので1日の生活の活動に要するエネルギーとなります。

 

学生時代や20代には筋肉や体力があるので、仕事面では営業の外回りや肉体労働が、プライベート面では筋トレやスポーツをする機会が多かったかもしれません。

 

しかし、年齢を重ねるにつれてこうした仕事や運動は減っていくので、若い時と40代では普段の生活で消費するエネルギーも少なくなっているのです。

 

このように、「基礎代謝」と「生活活動代謝」という2種類の消費エネルギーの減少と、変わらない食生活により40代の肥満化が生み出されているのです。

 

しかし、そこには例外もあり、「体質的に太らない人」や「ストレスなどの精神的な付加が体からエネルギーを奪うことで太らない人」も中にはいるのです。

 

ですが、こうした人は少数派になるので多くの40代は”太りやすく痩せにくい体質”となってしまうのです。

 

これを踏まえた時に、40代に突入した人はどのようにダイエットを進めていけばいいといえるのでしょうか?

 

 

■40代からのダイエットは生活習慣を見直す必要がある

 

40代になると「基礎代謝」と「生活代謝」が低下して消費エネルギーが少なくなっていることからも、ダイエットで”鍵”を握るのが『食生活』と言えるでしょう。

 

これは、痩せるためには『摂取カロリー<消費カロリー』の図式を成立させることが必要になり、40代になるとその「消費カロリー」が少なくなっているので、「摂取カロリー」を抑えて痩せる方が効果的だということです。

 

つまり、「摂取エネルギーが消費するエネルギーを超えないように食生活をコントロールする」という事で、具体的には食事内容の変化や間食を控えるなどをすること始めましょう!ということです。

 

ですが、それと同時に「基礎代謝量をアップさせる体」に変化させる事で、「太りにくいカラダ」を作ることが出来るのです。

 

その為には、体のどの部分が基礎代謝としてのエネルギーを消費しているのか?を理解する必要があります。

 

<基礎代謝の占有率>

基礎代謝の27%は肝臓が占めており、その次に筋肉、そして脳と続いていきます。
肝臓は基礎代謝の3割近くを占めているので、基礎代謝を高める為には「肝臓を活性化」させることが効果的と言われています。

 

ですが、肝臓を活性化させるといっても難しい事ではありません。

 

それは、負担をかけすぎないように食生活を整えるだけで、具体的には「1日3度の食事」、「アルコール分を摂取し過ぎない」、「果物や海藻類を積極的に食事に取り入れる」などがこれにあたります。

 

統計的にみても、年齢が上がるにつれて食生活も少しずつ乱れていく傾向があるので、正しい食生活を取り戻す事が40代で取り組むダイエットの秘訣といえそうです。

 

次に、基礎代謝が占める割合の高い筋肉になります。
と言っても、短期間で行うハードトレーニングは全くの不要です。

 

いろいろなサイトでも紹介されていますが、2日に1回、もしくは1週間に3、4回ほどの筋トレや軽いジョギングなどで充分な効果をあげることができるのです。

 

それに、自分が思っているほど筋肉や骨は老化しているため、急なトレーニングは体を痛めてしまう結果にもなりえます。ですので、まずは「効果」や「効率」よりもトレーニングを続けていくことを意識して下さい。

 

<質の高い睡眠>

最後に、「食生活の改善」と「運動」に加えて「質の高い睡眠」を心掛けましょう。
なぜなら、人は眠っている間に”成長ホルモン”を分泌するからです。
成長ホルモンには脂肪分解作用や代謝を促進する作用があります。
ですので、分泌されることによって「痩せにくい体質」へと変化する効果が期待されるのです。

 

このように生活習慣を変えることが40代のダイエットでは大切となってきます。

 

年齢を重ねると体質にも変化が生じるので、ダイエットをしても「簡単に痩せる」とはいかなくなるわけです。その為、地道な努力をすることで「健康」や「美しさ」を手に入れることができるようになるのです。

 

その「地道な努力」がダイエットの成功と失敗を分ける”差”と言えるでしょう。

 

『関連記事:40代がダイエットを成功させるための4つの方法』