【体験談】40代からのダイエット経験者から”ダイエット成功”を紐解く

2018年1月30日

若い時と比べて40代では「周りの環境」や「考え方」、それに「体の変化」が生じるのでダイエットが難しくなってしまいます。

 

だからといって何も行動しないのであればダイエットを諦めることと同じになってしまうので、何かしらのアクションを起こさなければいけません。

 

しかし、今ではテレビや雑誌、ネットで「ダイエット方法」を調べると数えきれない程の種類があり、実際にどの方法を試せばいいのか分からない人も多いでしょう。

 

そこで今回は”同じ40代”が実際に経験したダイエットや考え方をご紹介したいと思います。

 

同世代のリアルな声を聞くことによって、何かしらのキッカケや自信に繋がると思うので40代の男女を対象としてダイエット体験談をお聞きしました。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

スポンサーリンク

■40代からのダイエットを成功させる為に意識したこと

 

テーマ:『40代からのダイエット』

対象:40代の男女

 

ーーーここからーーー

 

「東北地方在住:女性40代後半 Hさん」

 

【ダイエットを始めるキッカケは?】 

だいたい、健康診断のお知らせがくるとみんなが一斉に慌てるんです。 一か月間は他人のダイエットにも協力的になる良い職場です。 ダイエット器具を持ち込む人、休憩時間にランニングやウォーキングを始める人、様々でした。 私はなるべく動きたくないのでおやつを封印しました。 それは容易かったんです。問題はその後。

 

【いつまでスタイルを維持できましたか?】

私自身、40代になってスリムを保てていたのは数年でした。世の中の標準に合わせるように着実に太っていき、いつの間にか取り返しのつかない20キロ増量という現実が待っていたんです。

 

【なぜ40代は太りやすいと思うか?】 

太りやすく痩せにくい体質になっていることもあると思います。基礎代謝が落ちる(この説は間違っているという指摘もありますが)、運動不足、ストレスによる過食、なんとなく諦めてしまっている場合もあります。あくまで主観ですが、一番大きいのはホルモンバランスの乱れかと感じるところが大きいです。

 

【なぜ40代は痩せにくいと思うのか?】 

スリムだった人でも、段々と丸みを帯びてくるのが40代の魔法かと思っています。 おばちゃんになる魔法です。私自身もスタイルは良い方でしたし、ダイエットすればすぐに痩せられる自信がありました。なぜなら過去2度ダイエットに成功しているからです。 しかし、40代の体を舐めていたようです。同じ方法では痩せないということに気づくまで3か月かかりました。

 

【あなたにとって40代のダイエットで壁となったのは何?】 

私の職場は福祉関係でストレスが多い仕事でした。働いているのは20代から50代の女性が中心です。 まぁ、おやつを食べるのが好きな人達で暇さえあれば何かを食べています。 朝のミーティング中にパンやおにぎりを食べて、仕事の合間にもアイスクリームやケーキなどを食べて、お昼休みには出前を二人前食べるような大食漢もいましたし、おやつの差し入れが本当に多くて食べきれないくらいだったんです。 私は、間食をしないタイプだったのですがいつのまにか浸食されて、手が伸びるようになっていました。普段は節制の為に食べないチョコレートやケーキが誘惑してくるようになって、同僚からも「少し太りなさいよ」とおやつを差し出される始末。 ダイエットを始めようとする人がいたら阻止するべく、皆でお菓子を分け与えるという仁義なき職場環境でした。

 

【あなたがダイエットの為に準備したものは?】

 

〇サウナベルト

〇サウナスーツ

〇ミネラルウォーター

 

サウナスーツとサウナベルトをネットで購入しました。20代の頃、このセットで15キロダイエットできたんです。なので、迷わず購入しました。届いたその日から、休日はフル装備で家事をして、仕事に行くときはサウナベルトだけを着けていました。もともと代謝が悪く汗を掻かないので効果が出ると思っていたんです。 ミネラルウォーターは、ジュースを飲まない代わりにするためです。便秘気味でもあるので水が手っ取り早くていいかと思って1日2リットル摂取しました。多く摂りすぎると浮腫みがでるので気をつけました。

 

【そのダイエット方法での結果は?】

サウナスーツを数か月続けても痩せませんでした。ウエストもダブダブのままで、別の方法を考えるしかなさそうです。 そういえば、最近猫背だし、筋力が減ったせいか脚が浮腫みやすいと気づき姿勢を正すことを意識しました。歩く時も背筋を伸ばして大股で歩くようにしたり、仕事をしている時でも背筋を伸ばしていたんです。立ち仕事の時は片足バランスをしたり、軽くストレッチをするように気をつけていました。姿勢よく食事をすると、自律神経のバランスも整い、食事も過剰に摂取しなくなると記事にありました。

 

【40代のダイエットについて感じたことは?】 

 

姿勢と歩き方、簡単なストレッチ、なるべく距離を歩く、休日のウォーキング40分だけで12キロ減量できました。食事の量も自然と減っていき、間食もしなかったので1年で12キロという結果です。自分に合ったダイエットがあると思うので諦めないで欲しいです。

 

【ダイエットアドバイス】

 

自分が”太った原因”や”痩せない理由”を把握しているので、自分に不足している部分へアプローチすることができています。それに、「継続性」を理解していることから年間を通じて「運動」や「食事」の取り組みができていたかとも思います。ただ、仕事のストレスや周りの環境によって再度太る可能性はあるので注意が必要となるので、「自己抑制できる環境作り」が今後の課題となってくるでしょう。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

ーーーここまでーーー

 

「近畿地方在住:男性40代後半 Kさん」

 

【ダイエットを始めるキッカケは?】 

 

私の身長は176cmあります。体重は20代~30代半ばまで60kg前後をキープしてきました。食が細いとか食べても太らないっていう体質ではなく、意識して食事をコントロールしてきたからです。私の食事は成人男性の3倍ぐらい食べますし、節制しないとガンガン太っていきます。実際社会人となったばかりの頃は太りましたし、一度ダイエットしてから体重キープに努めました。しかし30代後半ぐらいからは摂取カロリーを意識していても太っていってしまうんです。大体2000kcal以下ぐらいにはしてるんですが、それでもじりじりと太ってしまいます。30代後半には体重70kgオーバーとなってました。さらにそのまま体重は増え続け、42歳にはとうとう80kgの大台に乗りました。このままズルズル太ると服のサイズは合わなくなって買い替えになりますし、健康面も考えてダイエットをしようと決意しました。

 

【いつまでスタイルを維持できましたか?】

 

スタイルが崩れ始めたのは30代前半からです。体重自体増えだしたのは30代半ばからだと思うんですが、30代前半で体脂肪率が上がってたんだと思います。体重は変わらなくてもお腹が出てきたななんて感じてました。そして太りだした30代半ばにはすごくお腹がでてきましたし、スタイルは崩れていました。

 

【なぜ40代は太りやすいと思うか?】

体質の変化と運動量の低下が原因で太りやすくなってると思います。20代の頃の私の体脂肪は18%とかでした。しかしダイエット前の体脂肪は27%もありました。27%もあると、単純に体脂肪が増えただけじゃなく筋肉量も低下してるんです。筋肉量が低下すると運動してもカロリー消費は少なくなりますし、太りやすい体質へと変化したんだと思います。さらに40代になると運動不足も蓄積されてきます。ちょっと動いたら疲れてしまい、長時間の運動をしなくなります。またすぐ疲れてしまうことから運動を避ける傾向にもなります。運動しなければカロリー消費しませんし、運動をしなければ脂肪燃焼はしませんし筋肉力も低下します。するとますます疲れやすくなって運動しなくなり、といった感じで負の連鎖でどんどん太りやすくなるのが原因だと思います。

 

【なぜ40代は痩せにくいと思うのか?】

 

太りやすいのと同じ理由ですが、筋肉量が減るからです。若い頃と同じように運動しようとしても、すぐ疲れてヘバってしまいますし翌日への疲れもかなり残ります。また筋肉痛になっても若い頃と違って長引きますし、運動へのマイナスイメージを持つことでさらに運動量は減ってやせにくい体質へと変化していきます。これが40代の痩せにくい原因だと考えます。

 

【あなたにとって40代のダイエットで壁となったのは何?】

 

40代ダイエットの壁は衰えた体です。食事制限ダイエットをしようにも胃腸は弱ってるのでキツイ食事制限をすると胃腸への負担は大きくなります。空腹状態が長く続くと胃液で胃壁に穴が開いたりなんて可能性もあります。そして食事制限をすると筋肉量が低下してしまい、痩せにくい体になります。その結果、がんばって食事制限をしてるのに痩せないとイライラすることになりますし、諦めてしまうことが多くなる、これが40代ダイエットの壁だと思います。

 

【あなたがダイエットの為に準備したものは?】

 

ダイエットで準備したのは、体重計とダイエットアプリです。ダイエットアプリはスマホにインストールし、毎日のダイエットを記録しました。

 

【そのダイエット方法での結果は?】 

 

ダイエットの結果は82kgだった体重を62kgまで落としました。といっても62kgは一番痩せてる時の体重ですし、お腹の中は何もない状態の体重です。ですので平常時は65kgぐらい、この体重まで落としました。ダイエット期間は約半年です。

 

【40代のダイエットについて感じたことは?】

 

とにかく40代となると、急な食事制限をすると体調を崩しますし、かといって少しの食事制限程度だと体重は減りません。頑張っても体重が減らないとイライラしますし長続きしません。40代のダイエットはこういう心のバランスをどう保つかだと思います。私は40代が痩せにくいことはわかってましたし、半年ぐらいはかかると思い取り組みました。ですので成功したんだと思います。同じように40代でダイエットをする方は、体重がなかなか減らなくても焦らず、長期的に続けるのが成功の秘訣だと思います。

 

【ダイエットアドバイス】

 

自分のカラダが太りやすい体質かそうでないか、を理解できていることはプラス材料です。しかし、「頑張っても体重が減らないとイライラする」とあるので、ダイエット方法が『根性論』であるといえます。ですので、結果的に痩せる事はできていますがこれでは同じことの繰り返しになる可能性が高いといえます。ダイエット方法も「食事制限」といった食べない方法ではなく、カロリーを抑えたり食べる順番を変える「食事改善」といった方法にすべきです。今のままではダイエットが「頑張る」という部分に依存しすぎているので、サプリメントなどを上手く活用して「ストレスなく続けられる」という部分を意識したダイエットを取り組むようにして下さい。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

ーーーここまでーーー

 

「九州地方在住:女性40代前半 Kさん」

 

【ダイエットを始めるキッカケは?】

 

私は30代の頃からマラソンが趣味ですので、どちらかというと食べても太らない、消費できていると思っていました。39から40になったところでそう大して変化はないだろうと軽く考えていたのです。でも実際は違いました。40になっていきなり病気やケガをしてしまいました。どちらももう治っていますけど、体力、免疫の衰え、また足腰も若い時と同じではないと現実をつきつけられた感じでしたね。で、病気で1カ月、ケガで1カ月と走れない日があったものですから、どうやらその間に少しずつ体型が丸くなったような気はします。それがダイエットを始めるキッカケというか、やるしかない!って感じになりました。

 

【いつまでスタイルを維持できましたか?】

 

38くらいまでは、ちょっと食べ過ぎたら下腹が出る感じはありましたが、走ったり、動いたりすればまた元に戻るという感じでしたし、上半身はあまり肉はつきませんでした。走っていると上半身から痩せますので。ところが、39ぐらいから良く言えば、女性らしい肉づきに、ダイエット的に言えば脂肪がつき始めたと思います。それから下腹がぽこんと前に出ている感じですね。そんなに食べていないのにとつまんでみても、そこまで脂肪でプヨプヨという感じでもない、なんていいますか、筋肉が落ちているのかなという状態です。

 

【なぜ40代は太りやすいと思うか?】

 

40代が太りやすいのは、基礎代謝の低下、筋肉量の減少にプラスして、子育てが一段落して動きまわることも少なくなる、自分の時間が増える=運動量が減るので消費カロリーが少なくなるなども関係しているのかなと感じます。若い時のようにちょっと時間があればあちこち買い物に行ったり、遊び歩いたりという欲求もなくなって、じっとしてお茶を飲んだり、何か食べたりの方に興味が向いたりすることも関係あるのかななんて感じます。

 

【なぜ40代は痩せにくいと思うのか?】

 

基礎代謝が落ちているからといっても、食べる量を極端に減らすことは難しいですし、そうなると運動を増やすしかないのですが、時間は作れても、体力は何とか持っても、疲れが抜けにくい年代であるのでそんなに無理はできないと思います。実は若い時のように運動をしていたら、足や腰を痛めたのでそれは実感としてあります。ああ、体力はあっても足腰などは確実に20代とは違うのだと。

 

【あなたにとって40代のダイエットで壁となったのは何?】

 

食欲のコントロールと運動を習慣づけることをできるか、できないかだと思います。40代、働き盛りですから、仕事は仕事でしなくてなりませんね。なので、忙しくても運動する時間は確保するという難しさもあります。気が向いた時だけではダイエットにはなりません。やはり継続してこそだと思います。

 

【あなたがダイエットの為に準備したものは?】

 

私の場合は、もともと使っていたランニングウェアとシューズがあるので、特に新しく購入したものはありません。歩数計のアプリをスマホに入れたぐらいでしょうか。走れない日は歩いて買い物に行くというルールにしました。とにかく40代は自分が思っているよりも、カロリーは摂取しているし、そのくせ、消費はできていない・・・そう思うことにしました。自分に甘いと体型は崩れるでしょう、「ストイックな心」も準備したものの一つかもしれません。

 

【そのダイエット方法での結果は?】

 

歩く、走るに加え、40代のダイエットに必要だろうと思って筋トレを意識してしています。と、言っても。寝る前に腕立て15回、腹筋30回、足あげ運動など。鍛えるというよりはたるませないためのエクササイズ的な感じですね。これを1カ月、2カ月と続けているうちにお尻のたるみが少し治ったような気はします。40代のお尻って横に広がるピーマン尻なんて言われますが、それは防げているかなと。今のところ効果はそのぐらいで、体重に変化はまだありません。

 

【40代のダイエットについて感じたことは?】

 

30代にはわからなかったですが、40代は本当に痩せにくいと感じています。これぐらいの我慢、運動をしたら30代の時は確実に体重計の針が動いていたのに・・・と思いますが、今はびくともしません。頑固なほどに痩せにくいと思います。でも、続けていれば必ず減る、痩せる、そう思います。なので諦めないことと、継続すること、少々痩せるスピードは遅いものなのだとそれを心において頑張っています。

 

【ダイエットアドバイス】

 

人が痩せる為に必要なのは「摂取カロリー<消費カロリー」を成立させることです。この部分についての理解はできているので問題ありません。しかし、「摂取カロリーを減らす=食事制限」という認識が間違っています。他の方法として、置き換えダイエット、食べる順番、カロリー改善…といったこともあるので、自分に合った方法で摂取カロリーにアプローチすることをオススメします。そうすることで今よりも更に痩せることができるはずです。それに、「40代は体のどの部分が変化しているのか?」という部分の理解をより深めることでダイエット方法の選択肢も増えるでしょう。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

ーーーここまでーーー

 

「中国地方在住:女性40代前半 Mさん」

 

【ダイエットを始めるキッカケは?】

 

子どもと過ごした楽しい春休みも終わり、何となく体重計に乗ってみました。するとそこには目を疑いたくなるような体重が表示されていたのです。どうりで服が少しきつく感じるわけです。もうこれ以上太れないと確信した私はダイエットすることを決心したのです。

 

【いつまでスタイルを維持できましたか?】

 

35歳を過ぎた頃、何だか今まで似合っていた服が似合わなくなってきているな、体重はそんなに変化ないのに全体的にぼんやりしたフォルムになってきたなと感じていました。その後、37歳で第三子出産。お腹周りのたるみは決定的なものになりました。

 

【なぜ40代は太りやすいと思うか?】

 

運動量は減っているのにおいしい物をたくさん知っていますし、少し自由な時間も少し出来てきます。ついつい食べてしまう機会が増えた結果いつの間にか太ってしまっているということが多いような気がします。更に基礎代謝や筋肉量が減ってきているのにもかかわらず、食べる量はあまり減ってはいません。この状態で依然と同じように食べてしまえば太ってしまうことは間違いないでしょう。

 

【なぜ40代は痩せにくいと思うのか?】

 

痩せなければいけないとは思うものの、日々の生活に追われ具体的な対策が取れずなかなか痩せることが出来ません。運動が大切なことも分かっていますし、食べ過ぎが良くないことも分かっています。でもどちらも頑張れていないということは多いと感じています。更に、今まではちょっとの努力で痩せていたのにそのやり方ではもう体重が落ちなくなってしまっていることもあり、もうどうすればよいのか分からなくなってしまっているのです。

 

【あなたにとって40代のダイエットで壁となったのは何?】

 

40代のダイエットの壁はモチベーションです。日々家事や育児に追われてのダイエット。思うように痩せなければどうしてもやる気が落ちてきます。ここで諦めてしまうか否かでダイエットの結果が変わってくると感じています。

 

【あなたがダイエットの為に準備したものは?】

 

一人だけでは諦めてしまうかもしれないので、ダイエット仲間を募りました。今回の私のダイエット仲間は主人です。カレンダーに目標体重を書きダイエットスタートです。今回は特別な名物は用意せず、家にあるトレーニング機器を使うことにしました。

 

【そのダイエット方法での結果は?】 

 

ダイエットを始めて1ヶ月半。私も主人も5㎏以上痩せました。特に気を遣ったのは食べ過ぎないように注意することです。ちょっとした運動も毎日取り入れるようにしました。今回のダイエットで感じたことは運動のみで痩せるよりも、毎日の食生活に気をつけていった方が確実に痩せるということです。これからも日々の食事に気をつけていき、これ以上太らないよう努力していきたいと思っています。

 

【40代のダイエットについて感じたことは?】

 

40代になってからのダイエットは運動だけでは痩せません。食事をメインに運動を取り入れていくという方法が確実だろうと思います。私と主人の場合、間食をやめる、夜の炭水化物はなるべく控える、三食とも食べ過ぎないように気をつけるようにしました。それだけでも体重を落とすことはできるのですが、体を引き締めることは出来ません。ですので、毎日少しずつ気になる部分の筋トレとリンパマッサージを行いました。おかげで、1ヶ月半前よりは少しお腹周りも引き締まり、パンツの上に乗るお肉も減ってきたと感じています。

 

【ダイエットアドバイス】

 

自分が太ってしまう原因をよく理解できています。その対策の一つとして、ダイエット仲間(夫)を作ることで「痩せやすい環境」に身を置いたことは素晴らしいです。家事や育児は不確定要素もたくさんあるので、今後のダイエット方法や体型維持では「ながら運動」を取り入れることをオススメします。運動やリンパマッサージができないことも想定されるので自宅や隙間時間でできる運動がポイントになるはずです。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

ーーーここまでーーー

 

「関東地方在住:男性40代前半 Sさん」

 

【ダイエットを始めるキッカケは?】 

 

ある日入浴前に鏡を見る機会があり、ちらっと見ただけでは気付かない変化に気付きました。全体的なシルエットは大きく変わらないものの、良く見ると脇腹から背中にかけて手でたっぷり摘まめる程の贅肉が付いている事に気付き、このまま何も対策を取らないでいると、やがて服を着た外観からでもはっきり分かる程にお腹が出てきてしまうという危機感を感じ始めました。しばらく本格的な運動やトレーニングをやっていなかった事もあり、せっかくこの欠点に気付いたのだから、これを機に思い切ってダイエットを始めてみようと思ったのでした。

 

【いつまでスタイルを維持できましたか?】

 

比較的活発に動けていた20代から30代前半にかけては身体の変化も殆ど無く、どんなに飲食してもその後少し動けばすぐにお腹も凹み、深刻に思った事はありませんでした。ただ30代の後半から明らかに基礎代謝が落ちてきたのか、若い頃と同じ程度の飲食をしてもそう簡単にお腹が凹ませる事が出来ず、むしろ次第に贅肉となってお腹や脇腹に溜まり始めていったのです。それがはっきり分かる様になったのは40歳手前になってから。服を着ればかろうじてその変化は分からない状態で済ませる事が出来るものの、上半身裸になってみるとその変化は明らかで、お腹全周が贅肉で一回り大きくなり、腹筋の縦筋も消え、脇腹の贅肉がベルトの上にしっかりと乗っかってしまう程になってしまいました。

 

【なぜ40代は太りやすいと思うか?】

 

前にも書いた通り、次第に面倒臭くなりトレーニングや運動をやらなくなってしまう事。これに加え基礎代謝も落ち、それでいてストレスの増加からむしろ飲食の量は増えてしまいがちですから、まさに太るべくして太るといっても過言ではありません。仮にダイエットやトレーニングに目覚めたとしても、それを集中してこなせる時間的余裕や精神的なモチベーションが無く、取り組み始めてもすぐに飽きたり諦めてしまう、というのも理由として大きいと思います。

 

【なぜ40代は痩せにくいと思うのか?】

 

運動量に対し飲食の頻度や量が圧倒的に多く、カロリーの消費が明らかに追い付いていないというのが理由でしょうか。人間楽な方に流されがちというのは確かで、どんなに努力しても中々効果の現れ難いダイエットよりむしろ、簡単に嫌なストレスを発散出来る飲食の方が楽で大事と考えてしまうのは仕方無いと思うのです。

 

【あなたにとって40代のダイエットで壁となったのは何?】

 

仕事や家事等に忙殺され、圧倒的に取り組む時間が足りないというのがその悩みを抱える多くの人の現状ではないかと感じています。私も毎朝通勤に1時間以上掛けており時間に余裕が無い事もあって、せっかくの気持ち良い早朝も満足ゆくトレーニングやエクササイズが行えず、イライラは溜まる一方。また帰ってくればきたで深夜帰宅で疲れ果て、もういいやと自暴自棄になり飲んでそのまま寝てしまうケースも多く、これではダイエットにも身が入りません。ストレスを飲食に結び付けない何か効果的な方法があると良いのですが…

 

【あなたがダイエットの為に準備したものは?】

 

室内でもお手軽に、しかもちょっとした時間で行える負荷の大きなトレーニングアイテムとしてストレッチ用のチューブやバランスボール、そして腹筋に効く腹筋ローラーを購入してみました。特に弛んだ腹筋を苛める為に購入した腹筋ローラーには大きな期待を掛けたものです。

 

【そのダイエット方法での結果は?】

 

取り組んだメニューの内容としては、3日に1回、膝を立てての腹筋ローラーのストローク10回2セット、そしてチューブによる大胸筋トレーニングや体幹伸ばし、最後にバランスボールを利用してのストレッチを行いました。道具を用いない方法としてはロングブレスや階段昇降、腕立て伏せ等も時折取り入れ、現在までに約1年間頑張ってみました。その間の食事、特に糖質制限もあってか、最も重かった頃は75キロ近かった体重が最大で10キロ近く減り、脇腹の贅肉も幾分小さく硬くなって、指で摘まめばお腹の縦筋にはっきり触れる程にまでなりました。ただ依然として脇腹の軟らかい贅肉はしつこく残り続けており、今後のダイエットへの大きな課題となっています。

 

【40代のダイエットについて感じたことは?】

 

基礎代謝が落ち始める40代のダイエットはかなり気合を入れて取り組まないと難しいと思いますが、その分少しでも成果が出れば大きなやりがいを感じ、その後の強いモチベーションへと繋がる筈です。

 

【ダイエットアドバイス】

 

自分でダイエットメニューを決めて実践する行動力は素晴らしいです。「計画だけで終わり」もしくは「三日坊主」が多いとされるダイエットで、決めたメニューを続ける事ができたからこそ「痩せる」という結果がついてきたと思います。現在の運動方法としては「無酸素運動」をメインにダイエットをしていますが、それに加えてランニングや水泳といった「有酸素運動」を取り入れる事で脂肪や贅肉を落とす事ができると思います。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』

 

ーーーここまでーーー

 

■40代のダイエットを成功させる為に必要なこと

 

このように、ダイエットというのは人によって原因や理解度、それに状況が違っているので一人一人アプローチ方法も変わってくるのです。

 

ただ、ダイエット方法は違ってくるものの「継続する」という部分の重要性については共通であることに変わりはありません。

 

今回の体験談の中でも「続ける」ことの重要性を説く人は多く、その重要性を理解しているからこそ「ダイエットに成功した」といえるでしょう。

 

しかし、時に自己分析やダイエット方法を間違えてしまう場合もあります。

 

ですが、続けているからこそ「間違い」を「間違い」と気付くことができるのであって、続けることができなければたとえ正解であったとしても、「正しい方法だった」と知ることまでも辿りつけないのです。

 

つまり、「一定数の判断材料がなければ何も判断することはできない」ということです。

 

仮に、数少ない判断材料だけで答えを出したとしても、その答えは偏った意見にすぎず、間違ったものを正解として捉える可能性すらあるのです。

 

そして、ダイエットでは「続けられる方法」を選択することが重要であり、その過程の中で「簡単」や「手軽」という部分に注目するべきなのです。

 

ダイエット器具やサプリメントはその中の一つの選択肢であり、あくまで”補助的役割”の域を出ないのです。しかし「ある」のと「ない」のでは大きく結果も異なり、やはり活用した方が「早く効果を得ることができる」といえるでしょう。

 

ただ、その効果を最大限に引き出す為にも「自己分析」や「原因把握」が必要不可欠となるのであり、ダイエット器具やサプリを使用してるのにもかかわらず「効果を感じることが出来ない」という人はこうした部分の理解が乏しい事になります。

 

40代になると様々な要因から「太りやすく痩せにくい体質」になりますが、必ずしもダイエットに失敗するというわけではありません。

 

ただ、若い時と比べて難しくなっていることは事実ですので、ダイエットに成功させる為にはこうした地道な努力が必要となるのです。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』