痩せない原因を理解することで40代でもダイエットに成功できる

2018年2月17日

40代に突入してからのダイエットに苦しむ人の多くは、「若い時はいくら食べても太らなかったのに・・・泣」と言います。

 

10代や20代のはたいした運動もせず、食べたい時に食べても太らない。
これって不思議なことだと思いませんか?

 

しかし、これには”理由”があったのです。

 

「若い頃はダイエットすればすぐ痩せたのに・・・」

「40代になって急激に痩せなくなった」

「何をしても痩せない」

「もうどうすればいいのか分からない・・・」

 

年を重ねてからダイエットを始める人はこのように感じていることが多いのです。

 

では、若い時にはすぐ痩せて40代になるとダイエットの「壁」となっているものは何でしょうか?

 

 

スポンサーリンク

■40代が痩せない原因とは?

 

40代には「痩せにくくなる理由」というのが2つ存在します。

 

まず1つは「加齢によるカラダの変化」で、もう1つが「女性ホルモンの減少」になりますが、それぞれ順に説明していきたいと思います。

 

【加齢によるカラダの変化】

10代や20代のように若いときと比べて40代では「カラダ」も変化してきます。
普段の生活の中でも体力や筋肉の低下、肌やツヤの衰えを感じて、若い時との変化点を認識しているかもしれませんが、このように視覚として認識できる範囲だけではなく体内にも変化が生じており、代表的なのが「基礎代謝の低下」になります。

 

基礎代謝とは、生命維持活動する為に必要となるエネルギー消費のことで、寝ていても消費するエネルギーになります。例えば、呼吸や血液循環、心臓を動かすエネルギー…がこれに当たります。

 

基礎代謝が高ければ高いほど多くのエネルギーを消費するので、基礎代謝が低下してしまう、ということはイコール「太りやすいカラダに変化している」と言えます。

そんな「基礎代謝」ですが、ピークはなんと「10代」になり、それ以降は下降傾向となりますが、40代になると一段と低下してしまうといわれているのです。

 

よく「ポッコリお腹」や「中年太り」それに「年を取って太った」なんてことを耳にするかと思いますが、この原因の一つとして基礎代謝の低下が考えられているのです。

 

基礎代謝が低下してしまう理由としては加齢による筋肉量の減少にあります。
若い頃に筋トレをして体を絞ったとしても、年齢と共に筋肉が脂肪へと変わってしまうので体重に変化がなくても太って見えたり、太りやすくなったりするのです。

 

<基礎代謝を高める方法>

・無酸素運動(筋トレ、短距離ダッシュ)

・サプリメント、漢方薬の活用

・食事の際によく噛む

・質の高い睡眠

 

【女性ホルモンの減少】

女性ホルモンと肥満には関係性があるとされています。
その前に女性ホルモンについての理解を深める必要がありますが、女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類があります。

 

このうち「エストロゲン」の分泌によって女性らしい体つきや潤った肌ツヤを保つ事ができており、このホルモンは別名:美人ホルモンともいわれています。それだけではなく、「レプチン」という食欲抑制やエネルギー代謝を活性化させるホルモンの分泌を促す作用がエストロゲンにはあるのです。

 

言い換えれば、エストロゲンが減少することによって「痩せにくいカラダ」になってしまう、ということです。

 

しかし、40代になると閉経の準備時期に差し掛かるので、女性ホルモンが著しく減少してしまい、その影響もあってかホルモンバランスの乱れも同時に引き起こしてしまうのです。

 

こうした女性ホルモンの影響も重なり、40代になると太りやすくなったり、ダイエットしても痩せにくかったりしてしまいます。

 

そこで「じゃあ女性ホルモンを増やせばいいんじゃないの?」と疑問に思うかもしれませんが、実は女性ホルモンは年齢と共に減少していくので増やす事はできないのです。

 

では、「もう諦めるしかないの???」と思うかもしれませんがそんなことはありません。

 

なぜかというと、女性ホルモンを増やすのではなく、「女性ホルモンと似た働きをする成分を補う」ということをすればいいからです。

 

<女性ホルモンに似た働きをするもの>

・大豆イソフラボン

・ザクロ

・プラエリア

これらは食品に含まれているものもありますが、多くの人はサプリメントを活用しています。
なぜなら、サプリメントの方が手軽で、効率的に摂取することが可能だからです。

しかし、サプリメントを活用したからといって必ずしも痩せるわけではないので注意して下さい。

あくまで女性ホルモンの減少は「太る原因」や「痩せない理由」の一つの可能性にしか過ぎないからであり、たとえホルモンバランスを整えても原因が他にあれば、効果を痩せることは難しいです。

ですが、まったく効果が無いわけではなく、あくまで個人によってそれら原因は異なるので得られる効果も変わってくることを忘れないでください。

 

 

■痩せない原因を理解すれば40代でもダイエットに成功できる

 

若い頃であればがむしゃらに前だけに進むことができたはずなのに年を重ねるとそれができなくなります。

 

このように年齢を重ねると「カラダの変化」だけに限らず「心」にも変化がでてきますが、これは年齢と共に経験値も高くなるので、その分「諦め」も早くなってしまうからです。

 

先にも述べた通り40代になると、どうしても「太りやすく痩せにくい体質」へと変わってしまいます。

 

この部分を理解せずにダイエットを始めてしまうと効果を感じられずに「どうせ痩せない・・・」「何をしても痩せない」とすぐ諦めてしまうのです。

 

それでも若い時であれば無我夢中で前に進むことができたと思いますが、40代にもなると効果が得られない努力をしたところで「ムダ」とか「非効率」なんて感じてしまい、ダイエットを諦めてしまうことや、場合によっては動くことすらできないでいるでしょう。

 

しかし、40代は「太りやすく痩せにく体質」になるので、結果が出るまでに時間が掛かる事を理解して下さい。

 

たとえ結果が出なくてもすぐに諦めるのではなく、「結果が出るまでに時間が掛かる」ということを前提とすることでダイエットを続けるモチベーションに繋がるはずです。

 

それにダイエットは何歳であろうが、何キロあろうが、関係なく誰でも成功する可能性はあるのです。

 

ですので、

 

「40代だから何をやっても痩せない・・・」

「年を取ったら痩せる事ができない」

「どうせ運動しても痩せる事なんてできない」

 

そう諦めないでください。

 

「効率」や「効果」だけを考えるのではなく、目の前のやるべきことに集中すれば結果は後からついてきます。

 

若い頃と比べて40代のダイエットはその結果が出るまでのの時間が少し長いだけですので、気にせずに出来ることを続けるようにして下さい。

 

続けているうちにいつか結果がついてくるはずです。

 

『関連記事:何をしても痩せない!と思う40代が意識すべき内容とは?』