40代からのダイエットを成功させる為に意識すべきこと

2018年2月3日

40代になるとダイエットが難しくなるといわれています。

 

その理由は「環境の変化」や「カラダの変化」になりますが、多くの人はこうした部分を理解せずにダイエットをするので効果を感じることができなかったり、ダイエットに失敗してしまうのです。

 

反対に、ダイエットを始める前に前述したことを理解していればダイエット効果はきちんと出るということなのです。

 

では、40代になるとなぜダイエットが難しくなるのでしょうか?その具体的な内容をみてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

■40代は周りの環境が変化している

 

若い時と比べて40代になると環境が変化します。

 

一口に「環境」といっても、仕事場の環境やプライベートの環境と様々な面で変化は生じており、仕事場の環境を比べても、まず若い時と比べて40代ではその”責任”が違ってきます。

 

この年代になると管理職になる人も多くなるので、教わる立場から教える立場へと環境が変化し、若い頃は自分の責任を上司が対処していたのに対してこれからは部下の責任を自分が対処するようになります。

 

そうなれば、たとえ部下のミスでもそれが上司の責任になるので部下の代わりに謝罪する場面もでてくるはずです。

 

上からの重圧や下からのプレッシャーに挟まれる40代の目に見えないストレスは大きなものがあり、加えて残業や人間関係も複雑になることを考えると、若い頃と比べて大きく環境が変化する年代ともいえるでしょう。

 

プライベート面をみても、40代になると家庭を持つ人が増えるので忙しくなるといえます。

 

若いうちに結婚した人であれば、40代に差し掛かると子供も思春期くらにになるので、また違った意味でストレスを感じるでしょう。

 

このとき仕事とプライベートを分けて考えなければいけないですが、仕事が忙しくなるとどうしてもプライベートに仕事を持ち込むケースも増えてきてしまいます。

 

仕事のストレスの矛先がついつい家族へ向けられてしまう場合もあるので、40代になると精神的にも成長が求められるのです。

 

精神的な部分だけでなく、時間的にも「自由」という部分で、若いころに比べると40代の「自由な時間」は圧倒的に少なくなってしまいます。

 

たとえば、太ってきたからといって「運動」を取り入れる時間さえも捻出することができないとダイエットを始めることさえできません。

 

そうなれば「ダイエットをやらなければいけない・・・」という意思はあるけれど実際に行動する”時間”と”体力”がないのでダイエットを成功させるのもまた難しくなってしまうといえます。

 

 

■40代になるとカラダが変化する

 

40代になると肉体の衰えを感じるようになりませんか?

 

年を重ねると少し動いただけで疲れたり、少し急な坂道や階段を上り下りしただけですぐに疲れるようになってしまいます。

 

これは、若い頃と比べて40代になると体力や筋力が低下してしまうことが原因としてありますが、老化による衰えはいたしかたない部分もあります。

 

それに40代というのはその低下が著しいものになるので、急激に痩せにくくなったり疲れやすくなったりしてしまうのです。

 

生活環境によっても変わってきますが、40代になると「運動」する機会が圧倒的に少なくなることも影響を与えているでしょう。

 

若いころは体が動くので積極的に運動をしますが、年を取ると体が動かなくなってきたりすぐに疲れる、という理由から運動する機会が少なくなってしまいます。

 

それに、仕事疲れも重なる年代でもあるので、運動するよりもクーラーの効いた部屋で本を読んだりテレビを見た方がよっぽど快適である、と思ってしまうのです。

 

こうした背景が重なって40代というのは「ダイエットが難しい」と一般的にいわれているのです。

 

では、40代のダイエットはどういったことに注意すべきでしょうか?

 

『関連記事:ダイエットでセルライトを消す方法は?』

 

 

■40代のダイエット成功の秘訣は「痩せる環境づくり」

 

このように40代では「環境の変化」や「カラダの変化」が原因で痩せにくくなっているのです。

 

しかし、同じ40代でも痩せている人やスタイルをキープしている人は多く存在するので、40代だからといってダイエットを諦めてはいけません。

 

若いころと比べて痩せにくくなっているのは事実としてありますが、これは「痩せにくい」というだけであって「痩せない」というわけではないのです。

 

<ストレスをためない>

40代になると責任が増えることにより、仕事やプライベートが忙しくなります。そこでストレスを抱え込んでしまうとダイエットに限らず、不眠症や食欲不振、過食、脈拍の乱れ、うつ病といった様々な病気に影響を与えてしまいます。ですので、カラオケや旅行、半身浴、運動といったことでストレス解消を心がけて下さい。

 

<運動する習慣>

運動する習慣が無い人にいきなり「運動をしろ!」といっても長続きはしません。その重要性を理解しつつも、40代になると時間や体力が無くなってきているので行動ができなくなります。ですので、1日5分からでもいいのでまずは「運動する習慣」を身につけて下さい。運動方法はジョギング、ランニング、筋トレ、縄跳び、水泳、なんでもいいです。その方法や効果を意識しるのではなく、まずは「続けられる方法」という部分を重視して下さい。

 

<目標の設定>

細かい計画を作るのではく、大雑把な計画を作って下さい。年単位や月単位、週単位くらで構いません。これは、1日の計画を決めてしまうとどうしても続かなくなってしまうからです。仕事やプライベートで忙しくなる年代であれば、仕事から帰宅する時間や急な接待もあるので、あまり細かな目標を設定してしまうと1度達成できなかった時にそのまま終了になってしまう恐れがあります。ですので、ある程度の幅を持たせた管理をすることによって心や体に余裕ができると思います。しかし、中にはストイックな人もいるのでそういった方は1日のスケジュールまで管理してもいいでしょう。

 

<良質な睡眠>

良質な睡眠を取ることがダイエットに繋がります。これは、睡眠と代謝のコントロールが脳の同じ個所で管理されていることにあります。ですので、睡眠不足になると「空腹を感じやすくなる」ので間食が増えて太りやすくなってしまうのです。それだけではなく、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、睡眠はダイエットに限らず美容や病気、健康にも影響を与えるのです。

 

<お菓子やジャンクフードを避ける>

お菓子やジャンクフードは高カロリーなだけではなく、糖尿病の原因や虫歯、骨粗しょう症になる可能性もあります。これは、お菓子やジャンクフードに含まれる「糖質」や「脂質」によるものなので、日頃の食生活で摂取する機会がある人は極力避けることをオススメします。ちなみに「ジャンク」とは「がらくた、役に立たない」という意味になります。

 

 

■40代がダイエットを成功させる為に

 

このように、40代がダイエットに成功させるには生活習慣を変えることから始めなければいけません。

 

しかし、多くの人はダイエット方法ばかりに注目してしまうので一時的なダイエットやリバウンドを起こしてしまい、結果的に「ダイエットに失敗した」ということになってしまうのです。

 

そうならない為にも40代のダイエットでは何が重要となるのか、どういった部分の認識が必要か、といった点を把握しなければいけません。

 

若いころと比べて「痩せにくいカラダ」になっている40代ではこのような点に意識を集中すべきであり、それを実行しなければならないのです。

 

決して難しいことではなく、小さな努力や積み重ねが必要となります。

 

ですので、焦らず目の前の事に全力に取り組むことで40代でもダイエットに成功することはできるのです。

 

諦めないで下さい。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』