40代のダイエットを「カラダの変化」から読み解く

2018年2月15日

ダイエットしても結果が伴わなければ落ち込んでしまいます。

 

それに、せっかくダイエットを頑張っても、いざ体重計に乗ったら前と体重が変わらない…。そうなれば、イライラするしダイエットを辞めたくもなります。

 

こうした経験をしている人は多く、時間の確保もままならない40代であればこうした結果だとしても無理はありません。

 

他にも40代になれば若い頃とは「カラダ」や「生活リズム」も変化しているので、正しい方法でダイエットに取り組まなければ痩せることが難しくなってしまうのです。

 

しかし、そこで諦めてしまっては太ることを容認しているのと同じになります。少なからず「痩せたい!」「変わりたい!」という希望があるならば何かしらのアクションを起こすべきなのです。

 

ですが、

 

「何から始めていいか分からない・・・」

「40代からでも本当に痩せるかな・・・」

「なにをやっても痩せなかった・・・」

 

このような疑問や不安を抱く人も多いかと思います。

 

しかし、先にも述べた通り”正しい方法”でダイエットに取り組むことができれば、「必ず」痩せることはできるのです。実際に40代からのダイエットに成功した人も多く、周りを見渡してもスリムな40代はたくさんいるのです。

 

反対に「ダイエットが失敗する理由」を年齢や環境の責任にしている人は、いつまで経っても同じ事の繰り返しとなってしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

■カラダの変化点を把握する

 

年を重ねると若い頃と同じようにはいかなくなります。

 

それこそ、体力面は顕著に衰えや老いを感じることになるし、環境面でも家庭を築いたり、マイホームの建設、親の介護といった重要な選択を迫られるケースが増えてくるのです。

 

こうした「変化点」こそが、40代からのダイエット成功を難しくさせる理由でもあり、同時に若い頃と同じダイエットを実践したとしても、同じ結果を得る事が出来ない要因であるのです。

 

では具体的にどういった部分が変化しているのでしょうか?

 

【基礎代謝の低下】

基礎代謝は10代をピークに減少傾向にあります。
その後40代に差し掛かると著しく減少するので、この年代ではダイエットの効果が出にくいとされています。
この「基礎代謝」とは、寝ていても消費するカロリーのことであり、体内の呼吸や器官、血液循環、体温調節といった生きる上で欠かす事ができないエネルギーの事を指します。

従って、若い頃であれば運動をしなくても痩せる傾向にあった「カラダ」が年を重ねるにつれて「痩せにくいカラダ」へと”変化”しているといえるのです。

 

【女性ホルモンの減少】

年齢を重ねるにつれて女性ホルモンも減少傾向にあります。
特に40代になると閉経の準備段階の時期に差し掛かることからもその影響を受けやすくなりますが、このうち「エストロゲン」という女性ホルモンの減少が、太りやすい体質へとカラダを変化させているのです。

エストロゲンの主な役割としては、食欲を抑制すること、脂肪燃焼の促進、コラーゲンを生成…といったダイエットや美容に関係する働きをしております。

「別名:美人ホルモン」とも呼ばれることからも、女性の理想へと導いてくれる手助けをするホルモンであることが分かるのです。

 

『関連記事:40代のダイエット経験者が感じた”ダイエット成功”の秘訣』

 

 

■カラダの変化点を修正する

 

このように40代になるとカラダが変化してくることが分かりました。

 

その”変化”をきちんと把握して、適切な対応をすることができれば年齢に関係なく痩せることはできるのです。

 

しかし、ダイエットで失敗する人に限ってこうした変化点を無視しているので、期待する効果や結果を得る事が出来ずにダイエットを終えてしまうのです。

 

では、こうした変化点に対してどのように対応をすべきでしょうか?

 

【基礎代謝を高める方法】

基礎代謝を高める方法としてはいくつかありますが、効果的なのは「運動」になります。

運動といっても、ランニングやジョギング、水泳といった有酸素運動と筋トレ、短距離ダッシュといった無酸素運動がありますが、このうち基礎代謝を高める為に効果的となるのが「無酸素運動」になります。

これは基礎代謝と筋肉量に関係がありますが、基礎代謝の消費量で筋肉が使用する割合は約20%にも及びます。

その為、筋肉量が低下してしまうと基礎代謝も同じように低下してしまうので、筋肉量を高める「無酸素運動」が効果的になるのです。

だからといって「有酸素運動」がダイエットに効果的でないわけではありません。

ランニングなどの有酸素運動は「脂肪燃焼」に効果的になるので、”痩せたい”と思うならば有酸素運動と無酸素運動を取り入れる事が効果的になるのです。

 

【女性ホルモンの増加】

年齢を重ねるにつれて女性ホルモンも減少していきますが、女性ホルモンを増加させることはできないのです。
その為、対策としては「女性ホルモンと似た働きをする成分の摂取」や「女性ホルモンをコントロール」が効果的となります。

 

<女性ホルモンと似た働きをする成分を摂取>

よく化粧品などで目にする機会も多いですが、女性ホルモンと似た働きをする成分は「イソフラボン」になります。
その為、イソフラボンを食事から摂取することやサプリメントで補うことが女性ホルモンを補うことに繋がるので、体内に摂取するだけでなく、美容液や化粧水のように体の外側からケアする方法も広く知られているのです。

 

大豆イソフラボンを含む食品

・大豆

・豆腐

・納豆

・味噌

 

 <女性ホルモンをコントロール>

ホルモンバランスが乱れると生理不順、生理痛、不正出血、月経前症候群、更年期障害、が症状としてあらわれます。
特に40歳を過ぎると「更年期障害」に悩まされる人も多くなり、不眠や動悸、めまい、イライラ、ホトフラッシュなど体の不調を感じる人も増加していきます。

こうした状況を和らげるためにも女性ホルモンをコントロールする必要があるのです。

その方法としては、「バランスの良い食事」、「漢方薬・サプリメントの活用」、「良質な睡眠」、「ドキドキやワクワクした生活」、「ストレス解消」といったことが効果的となります。

ただ、ホルモンバランスの乱れというのは不定愁訴が起こるケースが多く、その部位によっても対策が変わってきます。

ですので、一つずつ実践していくことによってその原因を解消していく事になりますが、状況が改善しないようであれば病院での受診頻度を増やして原因解明を急ぐ事をオススメします。

場合によっては、何かしらの病気を患っており、早期発見できる可能性もあるので状況に応じて適切な対応を心掛けて下さい。

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメ?』