40代の太り方の特徴と改善方法

運動不足や食べ過ぎで「最近体重が増えた?」とか「ウエスト周りが気になる・・・」そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

 

実は「太る」とは簡単に言ってしまえば、食べた分のエネルギーをきちんと消費できずに余らせてしまっていることを指します。

 

ですので、自分が食べたエネルギーをしっかり使い切れていれば太ることはありません。

 

つまりは「消費エネルギー>摂取エネルギー」という構造が出来ていれば自然に痩せるということです。

 

その消費エネルギーで代表的なのが「基礎代謝」になりますが、私たちは動かず座っているだけでもエネルギーを消費していますよね?

 

何もしなくてもお腹が減る・・・

 

普段生活しているとそう感じませんか?

 

このように生きるために体が必要とする最小限のエネルギー消費が基礎代謝になりますが、この値は10代をピークにどんどん低下していくのです。

 

しかし、それだけが原因で40代が太るというわけではありません。

 

少なからず「太る特徴」というのは人それぞれ違ってきます。

 

40代を超えてくると太り方は30代、20代の頃とは確実に違い、大きな妨げが立ちはだかってくるのです。

 

そして40代からの太り方で特に注意をしたいのは「内臓脂肪・筋肉の衰え・更年期障害」になります。

 

でもそういっても「どんな風に注意をしたら良いの?」と思う方もいるでしょう。

 

そこで今回は、『40代からの太り方』について詳細とアドバイスを交えながらお伝えしていきたいと思います(^^)

 

40代からの太り方を認識して然るべき対応をしてくださいね♪

 

スポンサーリンク

■40代の太り方の特徴と改善方法

 

40代になると急に太る人がいます。

 

これは年齢を重ねるにつれて身体の中で体質変化が生じるので、これまでと同じ生活をしていれば自然と太ることになってしまうので仕方がないと言えばそれまでですが…

 

けれども、その原因を理解して適切な対策を取る事によって年齢に関係なくして痩せることは出来るようになるのです。

 

では、具体的に太り方の特徴を見ていきたいと思います。

 

<40代の太り方①:内臓脂肪が付きやすくなる>

40代の女性にとって体脂肪の付き方はまさに変換期といってよいでしょう。

 

若いと言われていた頃の体脂肪は皮下脂肪として付くことが多く、外部からのクッション的な役割を担うとともに防寒の役割も果たしています。

 

それに反して40代前後から更年期にかけての脂肪は、内臓脂肪が溜まりやすい体へと変化をとげていきます。

 

閉経前は女性ホルモンのエストロゲンが内脂肪の分解を助けてくれていたので女性は男性に比べて皮下脂肪がつきにくかったのですが、閉経を迎えると徐々に女性ホルモンの分泌も減り、内脂肪がつきやすい体になってくるのです。

 

ですので、若い頃と同じ生活をしていれば気付いたときに内臓脂肪が…という状況になってしまいます。

 

<40代の太り方②:筋肉の衰えと太り方>

40代になってくると「中年太り」という言葉も無視できなくなってきます。

 

40代からは意識的に動かないと運動をする機会がめっきり減り、筋肉の衰えを実感する人もいるでしょう。

 

以前は夏の暑い時なら当たり前にノースリーブを着ていたのに、ここ最近は七分袖や二の腕が隠れる服を選んでいませんか?

 

それは意図的に二の腕が隠れる洋服を選んで買っているからと言えませんか?

 

残念ながら体はゆっくり老化の方向へ進み、エネルギー消費に絶大な力を発揮してくれていた筋肉もどんどん減って太りやすい体になりつつあります。

 

ですので、筋トレや運動をしなければどんどん太ってしまいますよ?…

 

<40代の太り方③:更年期の太り方>

先にも述べましたが更年期に差し掛かかると、女性の太り方は変化を始めます。

 

閉経前の脂肪は皮下脂肪として蓄えられていましたが、閉経後の脂肪は内脂肪として内臓に蓄積されやすくなります。

 

これは今までは女性ホルモン(エストロゲン)が活躍して内臓脂肪を減らす仕事をしてくれていた機能が低下するからです。

 

この女性ホルモンが閉経と共に減少し、お腹周りに付き始めた内臓脂肪が気になる方も少なくないでしょう。

 

そして悲しいことにズボンやスカートのウエストがきつくなり、サイズ変更を余儀なくされる場合もでてきます。

 

この様に他の部分に比べてお腹の周辺だけ太くなってしまう体形を「洋ナシ型」と呼んでいます。

 

あなたは洋ナシ体型ではありませんか?

 

■40代が太りにくい体質になる具体的方法

 

これまでのお話しの中で40代になると太りやすくなることが分かりました。

 

でも、たとえ40代を過ぎたとしても太りにくい体を維持していくことができれば何の心配もないですよね?

 

そこで40代が太りにくい体質になる方法をお伝えしていきたいと思います。

 

<40代が太りにくい体質になる為に>

40代になると体質変化が生じるので若い頃と同じ生活、同じ食事をしていては太ってしまいます。

 

ですので、もしあなたが痩せたいと思うのであれば「カロリー」を考えて食事を摂るようにして下さい。

 

加齢とともに筋力が低下し始めている中、若いころと同じ食事内容だとカロリー過多となり確実に太ってしまいます。

 

中には「食べる量が減った」「そんなに食べていないのに太り続けている」なんて方もいるかもしれませんね。

 

しかしこのような方は「食べていないつもり」に陥っている可能性があります。

 

なんとなく食べていないと思い込んでいるのです。

 

そのような方には自分が一日にいつ何を食べたか、ノートなどに記録をすることをお勧めします。

 

その日の終わりに自分が食べたものをチェックすれば、食事の量やバランスはどうなのか一目瞭然です。

 

<糖質制限ダイエットの弊害>

最近では糖質を制限するダイエットが流行っていますが、極端に炭水化物を減らすことは賛成できません。

 

なぜなら元々私たちの食生活は白いご飯を主食としていて、他にも麺類をご飯の代わりとする場合もあるからです。(うどん・そば・ラーメン・パスタなど)

 

ですので、今までの食生活を急に変えてしまう糖質制限ダイエットは最初こそ頑張れても、続けることが難しくなってしまいます。

 

また、食事制限に一生懸命になりすぎて筋力の維持・アップを疎かにするのであれば一時的に痩せたとしてもリバウンドをするのが目に見えています。

 

毎日少しでも良いので、簡単な運動を続けるように心掛けていきましょう。

 

<更年期とダイエット>

40代となり既に更年期と向かい合っている人や、これから向かい合う人も出てくるでしょう。

 

更年期にもいろいろな症状がありますが、辛い時には我慢をしすぎないで婦人科で相談してみるのもお勧めです。

 

血液検査の結果を基に、医師からアドバイスを貰えばあなた個人の健康維持が図れますね。

 

■40代の太り方の特徴と改善方法まとめ

 

40代そして更年期に差し掛かり、色々な不安や不調を訴える方も出てくることでしょう。

 

お腹周りが気になりダイエットを始める方もいるでしょうが、年齢を重ねていくと基礎代謝も低くなり痩せにくくなります。

 

まずは筋力維持を心がけて基礎代謝を少しずつあげていくようにしましょう。

 

そして内臓脂肪を可能な限り付けないようにしていきましょう。

 

諦めないで下さいね!

 

『関連記事:40代の76%が実践する隙間時間ダイエット!』