脂肪燃焼と心拍数の関係性

あなたは心拍数脂肪燃焼にどのような関係性があるかご存知でしょうか。

 

実は、脂肪燃焼には心拍数が「関係する」という意見と「関係しない」という意見の2つの相反する見解があるのです。

 

なぜ、そのような意見の違いが生じているのかについて詳しくお教えすると共に、それぞれの視点について説明していきます。

 

脂肪燃焼を行う上でのポイントを習得することにより格段に効率よくダイエットを行えることに繋がるので、こうしたテクニックを学んで明日からの運動に活かせる知識を身に付けていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

■脂肪燃焼に心拍数が「関係する」と言われる理由

 

心拍数ダイエットが効果的だと言われている理由の1つは、「筋肉からエネルギーを使うこと」を防ぐことが出来るからです。

 

実は、心拍数の高い運動は、無酸素運動になってしまうのです。

 

その前に、あなたは「有酸素運動」と「無酸素運動」という言葉の意味をご存知でしょうか。

 

有酸素運動とは、弱い力が継続的に筋肉にかかる運動のことで、20分以上継続して運動を続けることによって効果が期待できます。主な役割としては、「脂肪燃焼を助ける」ことです。

 

(例)ウォーキング、スローペースの水泳、エアロビクス

 

無酸素運動とは、瞬時にエネルギーが必要な場合に、筋肉に蓄えておいた糖質(グリコーゲン)を使った運動のことです。酸素を必要としないことから継続的な運動はできませんが、筋肉を鍛えることはできます。主な役割としては、「基礎代謝を上げる」ことです。

 

(例)筋肉トレーニング、短距離走

 

このように、脂肪燃焼において「有酸素運動」をすることが重要であるとお分かりいただけたかと思います。

 

しかし、

 

「心拍数が高い」=「無酸素運動」

 

になる場合があることから、心拍数の数値を気にする必要があり、今の運動がきちんと有酸素運動であるかを判断していくので「脂肪燃焼に心拍数が関係する」ということになるわけです。

 

それでは、反対に脂肪燃焼が有酸素運動に「関係がない」と言われる根拠を探っていきましょう。

 

 

■有酸素運動を気にしていると「運動量が減ってしまう」

 

有酸素運動が脂肪燃焼と「関係がない」と言われる理由の大部分は、心拍数に気を取られすぎて結果的に「運動量が減る」からです。

 

「心拍数が上がらない運動=激しくない運動」

 

となってしまうことから、掃除機をかけたり、食器を洗ったりというような「家事」と大差ない運動量になってしまうことがあるのです。

 

今はやりの「ヨガ」もその一例です。

 

「血行」をよくすることや「リラクゼーション効果」としては大変期待できますが、「ヨガ」がダイエットにおいて最適かどうかというとそうではなく、あくまで「ヨガ」+「その他の運動」という相乗効果によって結果的にその他の運動を助けているに過ぎないのです。

 

また、ダイエットを行う上で「基礎代謝」を上げておくことが「痩せやすいカラダ」を作る上で重要となってきます。

 

例えば、AさんとBさんという二人の双子がいたとします。

一人は普段から運動をしており、もう一人はあまり運動を行わないタイプであり、「基礎代謝」に1日当たり約50kcal差が生じているとします。

 

そうすると、1週間で約ポテトチップス1袋分も脂肪が蓄積されることになるのです!

この差が「半年」「1年」「5年」と積み重なっていくことを想像するだけで体型に差が出るという未来が一目瞭然ですね。

 

ですので、脂肪燃焼効果を高めるためには、「基礎代謝」自体も上げておく必要がある、ということになるのです。

 

そのためには、ある程度の激しい運動も欠かせない存在であると言えます。

 

 

■「基礎代謝」を高める方法

 

基礎代謝を上げる簡単な方法こそが「筋トレ」です。

 

家で簡単にできるだけでなく、特にトレーニングマシーンが無くともできる方法がたくさんあります。腹筋、腕立て、スクワットといった一般的な筋トレが実はものすごく効果があります。

 

しかし、効果が期待できるのは「継続的に行えている人」に限っての話です。

 

「ローマは1日にしてならず」というように、毎日の積み重ねで代謝を上げていく必要があるから”短期的な努力”ではなく、”長期的な努力”が必要となるのです。

 

ですので、一度に長時間の筋トレをするのではなく、毎日5分ずつからのトレーニングに励みましょう。

 

そして、もうひとつ基礎代謝を高める方法が「唐辛子」や「ショウガ」といった薬味です。

 

唐辛子には「カプサイシン」が、ショウガには「ショウガオール」が含まれているので、こうした薬味を摂取することによってカラダの内側から代謝が良くなり、健康を維持できるようになります。

 

ですので、普段の食生活から改善して、代謝を高めるように心がけて下さい。

 

それに、どんなに筋トレを毎日欠かさず行っていても食生活が整っていなければダイエットとして失敗に終わりかねません。

 

ですので、カラダを気遣う上で「運動」と「食事」の両方を意識する必要があるのです。

 

 

■脂肪燃焼と心拍数の関係性まとめ

 

今回は「脂肪燃焼」における「心拍数」との関係性をお伝えしてきました。

 

結論から言うと、「心拍数」は「脂肪燃焼」に「関係はある」が、そこにこだわり過ぎず「基礎代謝」を高めるためには「無酸素運動」も必要だということになります。

 

そして、脂肪燃焼には「有酸素運動」と「無酸素運動」を組み合わせてバランスよく行えばよいということに気づいて頂けたかと思います。

 

まずはヨガなどの筋肉をほぐすゆっくりとした運動を行い、そのあとは筋肉を刺激する激し目な運動にトライしていきましょう。

 

同時に食生活の改善をしていくことで次第に効果が表れてくることでしょう♪

 

”今の体”は長い年月をかけて作られているので、”あなたが理想とする体”も長い年月をかけて作られることを忘れず、努力を続けてくださいね。

 

『関連記事:40代からのダイエットは基礎代謝を意識すべき』