40代が代謝を高める方法

2018年10月29日

40代になるとどうしても気になってしまうのが「代謝の衰え」です。

 

その原因としては、年齢を重ねると共に体全体の筋肉量が低下し、加えて活動量も少なくなってしまうこと、にありますが、その“原因”が分かったところで「実際にどうすればいいのか分からない…」なんて思ったりしませんか?

 

これでは“分かっているけど動けない”という現象に陥ってしまい、ダイエットに成功するどころか、ダイエットを始めることさえできないでしょう。

 

そこで今回は、40代になってからもできる・40代だからこそ行うべき代謝を高める方法をご紹介していきたいと思います。

 

ダイエットを成功させるためにも「何をすればいいのか」という部分を明確化する必要がありますからね♪

 

 

スポンサーリンク

■40代が代謝を高める方法

 

40代になってから「急激に太った…」もしくは「痩せなくなった…」と感じませんか?

 

これは“40代”という年齢に差し掛かることによってそう感じる人が増えるのですが、その“理由”としては、「あなたの体が『体質変化』している」からなのです。

 

しかし、そうはいっても年齢に関係なくして痩せている人やダイエットに成功した人はいるので、「正しいベクトル」そして「努力」という2つの要素を間違わなければ、あなたも理想の体型を手に入れることはできるのです。

 

従って、「年を取ったから」「出産したから」といってダイエットを諦めるのではなく、“正しい方法”でダイエットすることが出来れば、年齢や体質に関係なくして痩せることはできるのです。

 

それではさっそく“代謝を高める方法”を見ていきましょう♪

 

<40代が代謝を高める方法:筋肉量を増やす>

代謝と密接な関係があるのが「筋肉」です。

 

これは、筋肉量によって人間の“基礎代謝”も変わるのでこのように言われています。

 

だからこそ「基礎代謝が高いか低いか」というのは重要なポイントで、簡単に言うと基礎代謝が高い人は低い人よりも進んだ地点からスタートを切ることができるのです。

 

たとえば一日中何もせずに過ごしたとして、2000Kcal消費する人よりも3000Kcal消費する人の方が痩せやすいのは明らかです。

 

一日だけでも1000Kcal違うので30日、それ以上期間が長ければそれだけ“差”が生じるでしょう。

 

そして、実は筋肉量が多いことで同じ運動をした時に消費されるカロリーにも差が表れるのです。

 

なぜなら、より多くの筋肉を動かそうとする方が確実に多くのカロリーを消費するため、「筋肉を増やす」ということは代謝を高める上で必須事項となってきます。

 

では、40代でもできる筋肉量を高める方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

○簡単な運動習慣

やはり筋肉量を高めるのに一番効率が良いのは「運動」です。しかし、40代となると忙しくてなかなか時間を取れない人が多く、同時に体がスムーズに動かない、という悩みがあるかと思います。

 

そこで重要なのは「簡単な運動量を継続する」ことです。

 

例えば・・・

 

  • 一日1万歩歩く
  • エレベーターの代わりに階段を使う
  • 風呂に入る前に腹筋
  • いつもより大股で歩く

 

など、小さなことですが毎日積み重ねることで絶大的に筋肉量を増やせるわけではありませんが、低下を防ぎながら少しづつ筋肉量を増やしていくことができるのです。

 

○タンパク質を摂取

筋肉量を増やすために重要なのが「タンパク質」です。

 

タンパク質は細胞を構成するうえで最も重要と言っても言い過ぎではないほど大切な物質です。筋トレをしている男性が卵やツナ缶を積極的に摂取しているという話を聞いたことはありませんか?

 

これは壊れた筋肉を修復する際にタンパク質が必要なため摂取しているのです。筋肉を使う際に筋肉というのは常に壊れてしまうものなのです。そして、壊れた筋肉を再生する際に元の組織よりも丈夫な組織を作ろうとし、その結果筋肉量が増加するのです。

 

つまり・・・・

 

壊れた筋肉を修復する際に必要な材料であるタンパク質を多く用意しておくことで、筋肉を使って壊れた時十分な修復を行うことができるため筋肉量増大につながるのです。

 

○動かない生活は筋肉量を低下させる

若いころとは違い、どうしても年齢を重ねると「一日の活動量」が低下してしまうものです。しかし、運動量が少なくなるよりも怖いことが『動かない生活』をすることです。

 

例えば、家にいる間はずっと寝転がって休日も外に出ないといったような生活をしてしまったりしていませんか。

 

一日動かずに生活してしまうと一般的に3~5日分の筋力が低下すると言われており、数日かけて少しづつ積み重なってきた筋力も一瞬で振り出しに戻ってしまう可能性があるのです。

 

1日リラックスして休みたい!と思った場合は、是非とも午前中だけでも外出して体を動かしてみましょう。大切なのは一日数時間は体をしっかりと活動させることなのです。

 

『関連記事:中年太りのメカニズムを徹底解明』

 

<40代が代謝を高める方法:睡眠・休息>

身体の代謝を上げるためには睡眠・休息が関係ないように思われますが、実は非常に重要な要素の一つなのです。

 

その理由は二つありますが、その一つ目として、睡眠休息をとることによって破損した筋肉を修復する時間を確保できる、ということにあり、これは先ほどご紹介した通り筋肉量の増量に役立つことにも繋がってきます。

 

もう一つは、日中の活動量を精神的にも身体的にも向上させる効果を持っている、ということです。

 

睡眠・休息をしっかりと確保していないと日中の活動量が体力的にも低下してしまうし、それ以上に精神的に“あまり動きたくない”という状態になってしまうのです。

 

このような状態になってしまうと、気づかない間に体を動かす量が減ってしまうのです。

 

そこで睡眠・休憩のポイントを説明していきたいと思いますが、ポイントは以下の2点になります。

 

○ある程度の時間を確保する

休息と言うと数分~数十分というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、睡眠はある程度まとまった時間を確保することが大切です。

 

目安としては、睡眠6時間~8時間、休息1時間~2時間といった具合にじかんをしっかりと確保しておきましょう。

 

○五感をできる限り使わないようにしましょう。

できる限り聴覚、視覚、嗅覚、触覚、味覚を使わないようにして休めることがポイントです。

 

例えば、音楽を聴きながら、何かを食べながらの休息は質が低下してしまう可能性もあるので控えるようにしましょう。

 

ただし、自然に近い環境で発生する音や香りと言ったものはリラックスさせる効果がある

ので問題ありません。

 

<40代が代謝を高める方法:地道な努力>

年齢が若いと代謝を高めるために運動を沢山して、ご飯をしっかり食べるというのが最適な方法になりますが、40代からのダイエットは日常生活の中で様々な部分を改善していくことが大切になってきす。

 

しかし、しばらく運動から遠ざかっている人は、急激な運動・急激な生活習慣の変化は体にダメージを与えてしまいます。

 

ですので、まずはあなたの“負担にならない範囲”から始めて段階的に運動量や範囲を広げていくことが大切になるのです。

 

このように考えてもやはり、「地道な努力」がダイエットには必要であり、リバウンドを防ぐためにも継続して、そして段階的に目標へと近づける努力が必要、といえるでしょう。

 

『関連記事:なぜダイエットが続かない?その理由は”脳”にある!?』

 

 

■40代が代謝を高める方法まとめ

 

このように40代になると“体質変化”が生じるので「痩せにくく太りやすいカラダ」になってしまいます。

 

その体質を再び「痩せやすく太りにくいカラダ」へと“変化”させる必要があり、そのための方法を今回ご紹介いたしました。

 

けれども、「努力」や「行動」をすることが出来なければ『絵にかいた餅』に過ぎないので、ダイエットでは“正しいベクトル”と同時に“努力”が必要になってきます。

 

40代は管理職になる人、家庭を築く人、育児に専念する人、と忙しい時間を過ごす人が増えますが、その中でも“どのようにして自分の生活に運動を取り入れるか”という部分を考え、環境を変化させる必要があるのです。

 

こうした“地道な努力”が“大きな成果”を生み出すことに繋がってくるので、『無駄』と思わずに今の生活習慣に変化を与える努力をしてください。

 

最初は大変かと思うかもしれませんが、続けていくうちにそれが「当たり前」となるので諦めないでください♪

 

『関連記事:40代のダイエットサプリはどれがオススメか?』