40代が痩せないとされる理由

40代ともなると体のあちこちに痛みが出てきたり、思うように体が動かせずに不満が溜まったり、生活面でも苦労が絶えないことから、「若いころのエネルギーは一体全体どこへ消えてしまったのだ…」と嘆くこともしばしばありますよね。

 

その反面、まだ年寄り扱いはされたくないというプライドもあり気持ち的には若いままでいたいと常日頃感じているはずです。

 

そんな40代の誰もが抱えるストレスもまた“痩せたいのに一向に痩せてくれないカラダ”を作り出す原因の1つなのです。

 

日ごろから健康に気を配るためにランニングやウォーキングに取り組み、ジムやスポーツクラブに顔を出しているにもかかわらず、それでも現状キープが限界という人も多いのではないのでしょうか。

 

どうして自分はこんなにもカラダを動かすことに意識をしているのに痩せないのかと不満が募りますよね。

 

そこで、今回は『40代のカラダがどうしてこんなに痩せにくいのか?』を詳しく解説していきたいと思います。

 

気づかない間に癖づいている“太りやすい行動”に気付くきっかけにしてみましょう。

 

スポンサーリンク

■40代が痩せない理由:食事編

 

40代は責任ある仕事、自由奔放に親元を離れては問題発生とともに戻ってくる息子や娘、親の介護に毎日の家事・・・

 

何かと付きまとってくる役割や難題に頭もカラダもフルストレス状態ですよね。

 

そんなあなたは食事の時間を有意義に過ごせているでしょうか。

 

とりあえずおなかがすいたからとお湯を沸かして、即席のカップラーメンでおなかを満たすことや、そのまま居間でごろんと横になってTVを見ながら寝落ち・・・

 

わかります。その気持ち。

 

疲れて帰ってきて、栄養満点の食事をゆっくり作る気力なんてまるで残っていませんよね。

 

そうやって、「今日はカップラーメンでいいや、明日はちゃんと作ろう!」と自分に言い訳しながら毎日カラダに悪い食事を続けているのではないでしょうか。

 

ですが、ズバリそのような食生活ばかり続けていたら“痩せるわけがない”のです。

 

なぜならば、カップラーメンのカロリーは100g当たり約400~500カロリーで栄養素のおおよそ7割は塩分であるということは、ざっくり言うと“炭水化物と塩分だけの食事”をしているということなのです。

 

そう考えると日ごろの食事がどれだけカラダに悪かったかを認識していただけると思います。

 

今後の食生活を早急に見直さなければと意識が高まってきたこのタイミングをうまく生かすことができれば、あなたの体重をこれ以上増やさずに済むかもしれません。

 

ここで一つ、チェックしてもらいたいことがあります。

以下の文のうち当てはまるものを数えましょう。

 

□お酒が好き

□飲み会には誘われたら基本参加するほうである

□お菓子を買ったら一人で一袋を短時間で食べきる

□甘党だと思う

□ジュースをよく飲む

□コーヒーや紅茶には砂糖を必ず入れる

□お米が好き

□野菜が嫌い

□ファーストフードに頼りがち

□即席カップ麺に頼りがち

□揚げ物が好き

□油っこい食事が多い

□栄養より値段を重視する傾向にある

□食べ物の好き嫌いが激しい

□料理が苦手または面倒

□外食が多い

 

18項目のうちあなたはいくつ当てはまったでしょうか?

 

<チェック数:0個>

素晴らしです!

あなたはベジタリアンもしくは辛党であり、体系もそれほど悩みを抱えてはいないのではないでしょうか。

 

<チェック数:1~3個>

カラダに気を配った食生活を心がけていることも度々あるようです。

特に健康に関することに興味関心が高く、栄養面を考えた食事も時にはしているでしょう。

多少、楽しむ際に食生活が乱れることがあるかもしれませんが、あなたの意識次第ですぐにまた健康な食生活へと戻すことが容易です。

 

<チェック数:4~7個>

危機感を持ちましょう!

40代で今と同じ食生活では50代でもっと悲惨な体重になりかねません。今を楽しむことも大切ですが、健康を損なってしまうと一生涯付きまといます。持病を抱えることを避けるためにも早急に改善する努力を始めましょう。

 

<チェック数:8個以上>

おなか、太もも、二の腕、お尻、背中のお肉をそれぞれつまんでみましょう。

“痩せたい”という気持ちが少しでも芽生えているのであれば自分の体形と向きあうことから逃げてはいけません。手遅れになる前に今の食生活に問題があるという事実を受け入れましょう。

 

■40代が痩せない理由:代謝編

 

若かりし頃の自分の行動を思い出してみてください。

 

夜中や明け方まで飲み明かした状態で次の日仕事に行くことや、海や山といった自然と戯れ抵抗なくアウトドアに励んではいませんでしたか。

 

自然とカラダの動かし方も今よりずっとアクティブで、どこかに出かけることに抵抗を感じてはいなかったはずです。

 

しかし、40代ともなると20代30代と同じだけの動きは取れないものです。だからこそ、日々同じように過ごしているように見えて、実際は日に日に動く早さや頻度は衰えていっているのです。

 

ただ、その衰えは「代謝の低下」とも関係しています。

 

代謝が悪くなると汗をかきにくくなり普通に生活するだけで使用するエネルギー量も格段に減少し、食事の質が下がると共に便通にも支障が出てしまいます。

 

代謝の衰えは誰もが避けては通れない道ですが、ここで諦めるのではなく、代謝の低下を補う工夫をすることで「痩せるか痩せないか」その結果も変わってくるので頑張りどころなのです。

 

そこで、「代謝を上げる工夫」をお伝えしますが、やはり代謝を上げる工夫としてあげられるのは【有酸素運動】となります。

 

一番手っ取り早くできることが“頑張りすぎないジョギング”です。

 

ジョギングのイメージは、ただ家の近くを軽く走るだけで面白みを感じないのではと思ってはいませんか?

 

確かにそのように「地味」とか「つまらない」と思う人もいるかもしれませんが、音楽を聴いたり、走りながら他の事を考えたりすれば意外と時間が過ぎるのも早いですよ!

 

そして、心臓がバクバクしすぎない、じんわり汗をかくのが心地よいペースのジョギングを20分以上行うことでカラダに程よい付加をかけることができます。

 

ジョギングを行う前に、スマホでスタート前の歩数計の歩数を確認し、ジョギング後に再度歩数を見れば何歩分の運動をしたかが一目瞭然です。

 

他にも、アプリケーションを活用して、距離や時間を数値化することで、“頑張りが”が目に見えるのです。

 

毎日記録を取り、“1日・1週間・1か月”という3段階の目標を立て、達成できた時のご褒美も決めましょう。

 

例えば、1か月の目標を達成したら“普段使っている化粧水よりも1000円高い化粧水を買う!”といった健康や美容に関することをご褒美にするとよいでしょう。

 

でも注意しなければいけないのは、「食事」をご褒美にすることです。

 

これは「リバウンド」につながる危険性があるので気を付けてくださいね。

 

ただ、食事は付き合いで「職場の飲み会」や「家族と焼肉」「カフェで友人とケーキ」などおいしいものを食べる機会は自然と出てきてしまうものです。

 

これをすべて断るのは気の毒だし人間関係に影響すると思うので、「ご褒美」という位置づけでいいかもしれませんね。

 

このようにして、「ジョギング」と「美容健康」を関連付けることで、代謝向上におけるモチベーションアップに繋げていきましょう♪

 

■40代が痩せない理由:女性編

 

そして最後に、40代が痩せない理由として、生物学上避けられないのが“閉経”との関連性です。

 

閉経前では次のような症状が生じます。

 

□月経周期の変動

□イライラ

□太りやすい

□食欲が増す

□経血量の減少

□月経不順

□ホルモンバランスの乱れ

□骨粗しょう症

 

女性は10歳前後から50歳前後までの人生のほとんどを月経とともに生きなければならない宿命を背負っています。

 

個人差はあるものの、多くの女性が毎月人生の約4分の1を「腹痛」「イライラ」「腰の痛み」「頭痛」といったつらさとともに過ごしているのです。

 

それに加えて閉経前にはさらに症状が増え、なにかと小さいことでストレスを抱えることになりストレスフリーで過ごすことはもはや不可能かもしれません。

 

ですので、リラックスして適度にストレスを開放させる時間づくりができるかどうかであなたの過ごしやすさに影響が出てくるのです。

 

リラックス効果を与えるものをいくつかオススメしておきます。

自分にあったものを選んで試してみましょう。

 

□ハーブティーを飲む

□コーヒーを飲む

□ヨガをする

□アロマを部屋に置く

□入浴剤を入れて長風呂

□楽な姿勢で読書

□音楽をきく

□花を植える・飾る

□散歩に出かける

□ペットを飼う

□映画を見る

□マッサージに行く

□観葉植物を置く

□マイナスイオンを浴びる

□ストレッチをする

□カラダを横たえて目を閉じる

□録画しておいたドラマをみる

□絵を描く

 

リラックス方法は人によって好みが分かれますが、これだけの選択肢があれば1つや2つは試してみたくなるはずです。

 

場合によっては、“アロマとお風呂”、“コーヒーと読書”など組み合わせるだけで相乗効果が期待できます。

 

あなたが興味をそそられるもの選んで休日に一息つきましょう。

 

■40代が痩せない理由:考え方編

 

「もうこんな歳だし別に痩せなくてもいいや・・・」

「40代から痩せるのなんて無理…」

「今からダイエットしても成功できない…」

 

これまで頭を何度となくよぎったであろうこの言葉ですが、これは“封印すべき言葉”であることをこれまでの内容で理解していただけたかと思います。

 

そして、40代が痩せない理由として忘れてはいけないのが「前向きな考え方」です。

 

なぜなら、「40代でも痩せている人は痩せている」という事実がある限り、諦めていない人がいることを示しています。

 

40代だからこそ、動けなくなって後悔する前に現状を改善する努力を怠らなければいいのであり、年齢を言い訳にしてはいけません。

 

そこで思い返してください。あなたはこれまでに数多くの成功体験をしてきたことを。

 

すべてにおいて失敗しかしない人はいません。それはダイエットに関しても同じことで、「痩せられる」と自分を信じて、その目標に向かって行動を起こすことが必要なのです。

 

あなたは“PDCAサイクル”ということばをご存知でしょうか?

 

これは、「PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(確認、修正)→ACTION(修正をもとに再実行)」という物事を確実に行う上で今重要視されている考え方です。

 

明確な目標を立て、その目標をもとにまずは1週間~1カ月取り組み、自分の取り組みについて自己評価と改善点を修正し、再度修正をもとに新しく加えられた点を含めた状態で実行してみるという極めて単純な流れに見えるこのPDCAサイクルこそ、最高のシステムなのです。

 

あなたもこの考え方を利用してダイエットを成功させちゃいましょう♪

 

■40代“だから”痩せよう!

 

PDCAサイクルをうまく活用して、食事と運動への意識を保ちつつリラックス効果でストレス発散をすればあなたは確実に今の体形から抜けだせます。

 

人生どんなときも“今”を楽しんでこその“人生”です。

 

健康な体を手に入れる過程を楽しみ、そして楽しんだ先に“理想のカラダ”があることを忘れてはいけません。

 

手に入れた“理想のカラダ”がその後の人生を更に楽しいものにしてくれ、あなたはきっと「あの時頑張ってよかった」と思うでしょう。

 

このように想像するだけでも楽しいと思いませんか?

 

「想像」で終わらせるのではなく「現実」にする為にも、行動を起こしていきましょう♪

 

『関連記事:中年太りのメカニズムを徹底解明』