ダイエットが続かない理由

「痩せなくちゃいけない!」と思ってもなかなか続かないのが“ダイエット”です。

 

それこそ、簡単に痩せられるのであればこの世に太った方は一人もいないはずですからね…。

 

インターネットやSNSが普及した現代では、様々な情報が飛び交い、それぞれの情報には反対意見もあります。

 

ですので「ダイエット」と検索をすれば様々なダイエット法が出てきますが、中には真逆のことを言っているものもあります。

 

そんな情報氾濫している中で「ダイエットを成功させたい!」と本気で思うのなら、正しい情報を知って“正しくダイエットを続ける必要”があるのです。

 

そこで今回は、ダイエットが続かない理由についてじっくりと考え、自分の気づけていない部分を考えてみる機会を作りたいと思います。

 

続かない理由を考えることが出来れば、今後その理由に対する対策を打っていくことが出来ますからね♪

 

スポンサーリンク

■ダイエットを成功させる為に大切なのは「方法」ではない

 

ダイエットを始めようとする多くの方が最初に検索するのは、「ダイエット法」などといった“方法”である傾向があります。

 

特に、若い人に比べ30~40代の方々はできるだけ“楽”な方法を見つけようとしたがるのです。

 

しかし、脂肪というのは簡単につきやすく“落ちにくい”というのが特徴なので、そう簡単に落とす方法は実際には存在しません。

 

このことを理解するには、脂肪が蓄積される仕組みを知っておく必要があるのですが、脂肪が体内に蓄積される現象の要因は“生命維持”という人間本来の機能によるものです。

 

つまり、人間が体内に脂肪を蓄積するのは「命を保つため」という自然な活動なのです。

 

では、なぜ生命維持に脂肪が必要なのかお分かりになるでしょうか?

 

現代の日本ではご飯を食べることができずに死んでしまう、いわゆる「餓死」になることはほとんど考えられないはずです。

 

このことによって食事が摂れるありがたみに気づきにくくなっているのが現実です。

 

しかし、もし私たち人間が自然環境で動物と同じような生き方をしていると考えてみると、毎日3食ご飯を摂取できるというのは簡単なことではありません。

 

一度ご飯を食べることが出来たとして、次にいつご飯を食べることが出来るかわからないのです。

 

次にいつ食事が摂れるかがわからないからこそ、ご飯を食べられるときに最大限エネルギーを蓄積するように努めるのです。

 

これこそがエネルギー、つまり脂肪が蓄積される原因なのです。

 

この方法から言えることは、ダイエットを成功させる秘訣は「カラダに“脂肪を蓄積する必要がない”と伝えること」にあります。

 

暴飲暴食を繰り返していれば、体はこれだけ沢山食べているのは今後何かに備えるためだ!と判断して、より多くのエネルギーを蓄えようとしますし、食生活が不規則だと次にいつご飯を食べられるかわからないというストレスから脂肪として蓄えるようになるのです。

 

置き換えダイエットや、断食といったエネルギーの制限をすること以前に、一番大切なのは「食生活の健全化」ということを知っておく必要がありますが、食生活が乱れているのに他の“方法”を試したところで効果は簡単には現れません。

 

ですので、ダイエットが続かない一番の原因である「効果が見えない」という点を解消するためには、根本的に食生活を見直すことから始めなくてはいけないのです。

 

■ダイエットが続かない理由とは?

 

「ダイエットが続かない理由」というのはいくつかありますが、大きく分けて以下の通りになるでしょう。

 

<ダイエットが続かない理由:理想が高すぎる>

 

ダイエットを始めようとしたときみなさんどのような目標を立てるでしょうか。

 

多くの方が「3か月後にマイナス3キロ!」といったような目標の立て方をします。

 

しかし、この目標の立て方はダイエットで挫折する原因として上位に挙がってしまうのです。

 

例えば、今回の3か月後にマイナス3キロという目標だと、一か月ごとに1キロ減っていないとおかしいと考えます。

 

さらに、一週間ごとに約250グラム減っているという計算になります。

 

しかし、体重の減り方は時間軸と比例するわけではないので単純計算通りにいくことは基本的にありません。

 

では細かく予想して、「1週間後には最初だから500グラム減って、3週間後は少し落ち込んで週200グラムくらい減るのかなぁ・・・」などと考えればよいかと言えば、そうではありません。

 

専門家であれば良いですが、普通の方がこのような予想を立てても大抵外れるので、目標に到達することなく挫折してしまうのです。

 

そこで個人でもできる目標の立て方として“行動目標”を立てることをおすすめします。

 

行動目標とは「自分が実際に何を・どれくらいするか」といった目標のことで、これを達成できているかどうかだけ考えればいいのです。

 

例えば、「2週間目まで毎日30分散歩に出る!その後一週間ごとに5分ずつ伸ばす」といった目標の立て方になります。

 

体重の減量目標は3か月達成した時点でのみ考えれば良いので、それまでに継続してできる行動の目標だけ見つめていれば“行動した時点”で目標が達成されるので継続することが出来ます。

 

ですので、自分で可能だと思える行動目標をまずは設定してみましょう。

 

そして、この行動目標にしても大切なのが“理想を高く持ち過ぎない”ことです。

 

若い人ならチャレンジして高い目標を立てることが大切とよく言われますが、年齢を重ねるほど現実を見つめる必要があります。

 

行動目標は自分でもできそう!と思う範囲で設定し、最終的な減量幅もその行動によって90%以上減ると思われる目標減量を設定することが大切になってきます。

 

結局ダイエットが続かない原因である「目標に達さない」というのは、本人の理想が高すぎるところにあることを知っておきましょう。

 

『関連記事:ダイエットが続かない理由は”脳”にある!?』

 

<ダイエットが続かない理由:方法を試せば痩せるわけではない>

 

40代以降の方に多いのがダイエット方法を見つけて実施する際、“そのダイエット法を行う以外は今まで通り”という方々です。

 

例えば、炭水化物抜きダイエットを行う場合、確かに炭水化物は抜くものの間食は今まで通り、飲みに行くのも今まで通りといった具合に一つの方法に“依存”してしまうのです。

 

しかし、一つの方法だけでダイエットが成功する例は基本的に基礎代謝が高い若い人のみと考えましょう。

 

ダイエットを始める際は以下の条件を踏まえることが出来ているかという点だけもう一度見つめなおしてみましょう。

 

・毎日3食決まった時間に食べているか

・2~3時間以上は体を動かしているか(通勤で歩く、仕事中に物を運ぶなど)

・健康的な食生活か(野菜・肉・魚のバランス及び、適切な量)

・行動目標を設定できているか

 

これらの条件がそろっていることが前提で、+α炭水化物抜き、朝バナナなどのダイエット法を実践してみましょう。

 

これらの条件がそろっていない状態で一つの方法に依存しても基本的には「ダイエットは成功しません」し、継続的に体形を維持することが出来ません。

 

ダイエットが続かない原因の一つとして“一つの方法に依存している”という可能性がないかチェックしてみてください。

 

<ダイエットが続かない理由:効率的なダイエット法を知らない>

 

ダイエットのためにランニングを始める方も多いかと思いますが、どのようなタイミングでランニングを行っているでしょうか。

 

次のうちランニングなどの運動をする場合、自分が行うであろうパターンを選んでみてください。

 

  1. 朝起きてすぐ、目覚めも兼ねて
  2. 朝ご飯を食べた後そのエネルギーを消費するために
  3. 家に帰ってきてとりあえず
  4. 夜ご飯の後

 

この中でBとDを選んだ方は「効率が悪いダイエット」になっている可能性が高いです。

 

なぜなら、そもそも人間の体は運動した際、最初に消費するエネルギーは血中の“糖”だから。

 

この糖を消費した後に、脂肪として蓄えたエネルギーを徐々に消費していくような仕組みになっているのですが、ご飯を食べた後は血中の糖が高い状態になりますのでなかなか脂肪が減りにくいのです。

 

一方、ご飯を食べる前の空腹状態では血中の糖が食後に比べ少ないので運動によってすぐに消費されてしまい、脂肪の消費へ切り替わるのが早くなります。

 

また、食後摂取した糖は必要な分以外を体外へ排出するのですが、食後運動をしてしまうと本来体外へ排出される予定だった糖までも活用してしまうため非常にダイエットとしては効率が悪いのです。

 

このようにダイエットをする際にはそれぞれ効率の良いタイミング・方法・状態が存在します。

 

しかし、そのことを知らずにダイエット法を安易に信じて実施してしまうと効果がないばかりか、時には弊害を伴う場合もあるのです。

 

ダイエットを続けるためには体の特性についてしっかりと知ったうえで、それぞれのダイエット法に挑む必要があります。

 

どういった仕組みでダイエット法が効果を持っているのかというのを今一度見直してみましょう。

 

<ダイエットが続かない理由:ダイエットにお金はかけない>

 

最近ダイエットをするための様々な商品やプログラムなどを見かけることが多くなりましたが、ダイエットはお金をかけて行うものではありません。

 

もちろん、補助的な役割としてサプリメントなどを活用するのはいいことですが、お金をかけてしまうとダイエットを続けられなくなってしまうこともあるためおすすめできないのです。

 

特にダイエットプログラムなどと宣伝している商材に関しては“頼りっきり”になってしまう可能性もあり40代の方がダイエットを続けるためには悪影響となってしまう場合もあります。

 

どうすれば痩せることが出来るのか、継続できるのかというのを自分で把握して自分で行うことでダイエットを続けることができまし、継続的に体形を維持することもできるのです。

 

<ダイエットが続かない理由:正しくすればダイエットは続く>

 

ここまでダイエットが続かない理由についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

自分に当てはまる点がいくつもあったはずですし、改善できるところも見つかったかと思います。

 

正しい方法でダイエットを行えば必ず継続することが出来ますし、体形を維持することもできます。

 

大切なのは体の仕組み・ダイエット法の仕組みを知っておくこと、そして、自分自身の力でやることです。

 

お金を出せば痩せられると思うのはおすすめできません。

 

お金を出して痩せられるのは痩せられたとしても一瞬だけです。

 

それはもちろん、企業からすれば“リピート”して欲しいためです。

 

本当に自分自身の体形を変えたいと思い、継続して体形を維持したいと思うなら是非ともこの記事に書いてあることを中心に自分を見つめなおしてみてください。

 

一度習慣化すればその後、習慣化しますのでまずは“実行”あるのみです。

 

『関連記事:40代の痩せない女性が実践すべきこと』