ダイエットとアルコールの関係性を徹底解析

ダイエット中にお酒を飲んではいけないと意識するのは皆さん同じだと思います。

 

ただ、ダイエットの際にお酒を飲んではいけない理由をご存知でしょうか。

 

皆さんの思いつくものとして、“糖質”が挙げられると思います。

 

ならば、糖質OFFのお酒なら飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

実はアルコール飲料は糖質が高いためダイエット中は良くないという理由だけではないのです。それに、40代となればアルコールを一切飲まないというのはストレスを貯めてしまうことにもつながるので、“全く飲まないのは逆効果”なのです。

 

それでは、「アルコール」「ダイエット」の関係性を考えダイエット中にどのようにアルコールと付き合うと良いか紐解いていきましょう。

 

スポンサーリンク

■アルコール飲料の糖質は太りにくい

 

アルコールを飲むと太りやすいという話を聞いたときに“カロリー”のせいにしてはいないでしょうか。

 

確かにアルコール飲料にはカロリーが含まれており、比較的高い数値だと言えますが、カロリーという言葉に踊らされている可能性もあるのです。

 

そもそも、カロリーには種類があり「太りやすいカロリー」「太りにくいカロリー」があります。

 

これらの違いは、カロリーの燃焼効率の違いにあります。太りやすいカロリーは燃焼効率が悪く、なかなか消費されないのです。

 

一方の太りにくいカロリーというのは燃焼効率がいいため脂肪として蓄積されにくいのが特徴です。

 

そして、アルコール飲料の多くに含まれているのが後者の「燃焼効率の良い太りにくいカロリー」と言われているのです。

 

つまり、アルコール飲料が太りやすいという理由がカロリーだけにあると思ったら間違えである可能性があるのです。

 

かといってアルコール飲料ならダイエット中でも沢山飲んでいいのかというと必ずしもそうとは言えません。

 

なぜなら、カロリーがカロリーであることは事実ですので、量が増えれば脂肪になりますしダイエットに悪い影響を与える他の要因もあるためです。

 

ここで押さえておきたいのが、アルコール飲料を必ずしもダイエット中は無くすべきという考えを見つめなおす必要があるということなのです。

 

■アルコールを分解するのは簡単ではない

 

皆さんご存知かと思いますが、アルコールは“毒”です。

 

つまり、「体内で分解する必要」があるのです。

 

そして、この分解するというのが非常に厄介なポイントにもなっているのです。

 

食事をとる際にアルコールを一緒に摂取すると、体は一番に体にとって毒であるアルコールの分解に集中します。

 

これによって、食べた食物の消化・吸収の手が衰えてしまいこちらの効率が下がってしまうのです。

 

消化・吸収の効率が下がってしまうと、適切な栄養を吸収できなくなってしまうだけでなく、大部分をエネルギーとして“とりあえず”ため込みやすくなってしまうのです。

 

つまり、アルコール飲料自体の問題というよりもそれによる弊害が大きいといえるのです。

 

そして、弊害としてもう一点問題があります。

 

<アルコールに不可欠な「おつまみ」は高カロリー>

お酒を飲むとなると“おつまみ”が欲しくなりますよね。

 

このおいしいおつまみは大抵の場合味が濃く、油も多く使われていることが多いのです。

 

どちらの条件もダイエットには非常に大敵ですし、何よりもおつまみが全面的に悪いわけではありません。

 

条件としてアルコールによって消化・吸収能力が衰えている中でこうした食べ物を食べてしまうというのは非常にダイエットに悪影響を与えてしまうのです。

 

また、お酒を飲んでいる状態の人は本来の冷静な判断能力を欠如している可能性が高くあります。

 

このような状態で欲求をコントロールできるかと言えば非常に難しいと思います。

 

この結果悪影響のあるアルコールとおつまみを“多量”に食べてしまうという悪循環に陥るのです。

 

この状況になってしまうと、流石にダイエットの息抜きと言える状況ではありませんし、アルコールだけに責任があるわけでなくアルコールを起因として、様々な弊害を引き起こしてしまうのです。

 

<アルコールの〆はダイエットの大敵>

お酒を飲む場ではおなか一杯になったはずでも、最終的に少しだけ余裕が出来てしまいます。

 

それにより〆を頼んでしまうこともしばしばあるかと思いますが、この〆が非常に危険なのです。

 

ただでさえ体の状態がボロボロであるのに、そこへ高カロリー・高糖質の〆を入れるのは自ら脂肪を付けに行っているのと同じことです。そして、〆のころには正常な判断が欠如しているのでこの欲求を抑えることはたいていの場合不可能かと思います。

 

アルコールを起因として起こる様々な影響は、ダイエットを考えている人にとって非常に大きな問題とも言えるのです。

 

ただ、お酒自体が問題というわけではないので正しい関係の保ち方を考えていきましょう。

 

■アルコール飲み過ぎは良くないが我慢も良くない

 

紹介してきました通り、アルコールの飲み過ぎは良くないですが一方で我慢をして“ストレス”を溜めてしまうのはさらに良くない影響を与えてしまいます。

 

そこで、ダイエット中はある程度意識してアルコールと付き合っていく必要があるのです。

 

例えば、糖質OFFのアルコール飲料を選んだりいつもの半分以下程度に飲む量を制限するなど「ゼロ」にしなくてもいいので意識した飲み方をしましょう。

 

また、アルコールを摂取した際はできるだけ水分を多く取るようにして解毒をスムーズに行えるようにしてあげることも大切です。

 

アルコールの選び方にも注意が必要で、女性が好む甘い「チューハイ」や「カクテル」といったアルコール飲料に含まれる糖は太りやすいカロリーであることが多いのでこちらは控えたほうがいいです。

 

もちろん可能であればお酒を一切摂取しない“禁酒”はよりダイエットに効果的ですし、禁酒ができるだけの意志の強さを持つことが出来ればダイエットにも必ず成功しますよ。

 

『関連記事:ダイエットで禁酒したのに何故太るのか?!』

 

■アルコールと一緒に食べるものには細心の注意を!

 

アルコール飲料をすべて制限する必要はないとご紹介しましたが、ダイエットをするのであればアルコールと一緒に食べるフードには細心の注意を払うようにしましょう。

 

アルコールと一緒だとどうしても“高カロリー”な食べ物ばかりになってしまいます。

 

揚げ物や味の濃い食べ物はアルコール飲料との相性は抜群ですが、ダイエットとの関係性は“最悪”です。

 

先ほどご紹介した通りアルコールを摂取した際にはアルコールを分解することに力が注がれるため、消化・吸収能力が低下します。

 

つまりアルコールを飲むタイミングでこれらの食べ物を同時摂取するのは火に油を注ぐ行為になるのです。

 

そこでおすすめできるお酒のお供は「枝豆」や「漬物」さらには「スルメイカ」などもおすすめです。

 

これらの食べ物は消化に労力を必要としないため体に優しいだけでなく、スルメイカなどのしっかりと噛む必要のあるものは少量でも満足できるためおすすめです。

 

このほかにも「お刺身」もお酒と相性がよく、DHAなどの栄養を摂ることが出来るためダイエット中にもお酒を飲んだ時にも最高の食材です。

 

■アルコール頻度に注意!飲むならビネガーがおすすめ

 

ダイエット中のお酒の飲み方について気を付けていただきたい点をご紹介してきましたが、いくら気を付けていたとしても“頻度”に気を付けなければダイエットが失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

個人の状況によって生活習慣を少しだけ変えるように意識しましょう。

 

例えば、毎日飲むのが習慣の方がダイエットをしようと思ったら2日に一回にしたり、週に1回飲む方であれば月に1回にするなど可能な範囲でアルコールを断つことでより一層ダイエットへの効果が期待できるようになります。

 

もちろん、いままでに合った通りの注意点に気を付けていればダイエットへ大きな悪影響を与えることはないかもしれません。

 

しかし、ダイエットをより効果的にするためにはある程度の我慢も必要になってくるのです。

 

そして、ダイエットをする際におすすめのお酒が存在します。

 

それが、ビネガーチューハイです。ビネガーチューハイとは様々な果物のお酢を使ったチューハイで、味は若い方に非常に好まれる味である一方“脂肪燃焼効果”やダイエット中に不足しがちな“栄養素”を含んでいます。

 

まだあまり知られていませんが、ビネガーチューハイはダイエット中の強い味方です。

 

■ダイエット中でもお酒は我慢しなくてもいい

 

結論から言うと、ダイエット中だからと言ってお酒を全く飲まないほど我慢する必要はありません。

 

しかし、飲み方や組み合わせにはしっかりと気を配る必要があります。

 

そして、お酒を飲む頻度を変えることでより一層ダイエットの効果を高めることが出来ます。

 

ストレスを貯めるくらいならお酒を我慢するのはダイエットが続かなくなるので我慢しないほうが賢明です。

 

もし心に余裕があるのならお酒は我慢することに越したことはありません。

 

ご紹介した中でも特に強調したいのは“お酒と一緒に摂取するもの”についてで、アルコール飲料自体に含まれるカロリーよりも一緒に食べる“お供”のカロリーこそが本当の意味でダイエットの大敵と言えるはずです。

 

ダイエットを成功させるためにはそれなりの覚悟と努力が必要になってきます。

 

その中でいかにストレスを貯めこまずに過ごすかというのも大切な取り組みの一つなのです。

 

もし、今回の記事を見てダイエット中のお酒とのかかわり方に疑問を持たれた方は是非とも生活習慣を見直してみましょう。

 

また、普段からお酒を飲む方はダイエットである程度の効果が出た後も“リバウンド”の可能性が考えられます。

 

今回のダイエットでしっかりと自分のお酒との付き合い方を見直すことでダイエットが成功した後も継続的に体形を維持できるきっかけになります。

 

アルコールとダイエットとの関係性をしっかり把握した上で、自分に合った適切なダイエット法でストレスなく体形をコントロールできるようにしましょう。

 

『関連記事:ダイエットとお酒の賢い付き合い方』