40代でも出来る隙間時間ダイエット

40代は働き盛り。とても忙しく自分の趣味のために使う時間などほとんど無く、運動する時間を取るのさえ難しいでしょう。

 

しかし、残念なことに40代の体は確実に衰えており、身体のあちらこちらで異変を感じることも事実です。

 

例えば、

 

「昔出来ていたことが出来なくなった」

「太ってきた」

「少し走っただけで息切れを起こしてしまう」

 

など数え切れないほどの異変を40代になると感じるようになります。

 

特に40代の肥満の進行は社会的にも大きな問題と現在なっており、肥満による生活習慣病のリスクも跳ね上がります。

 

とはいえ、40代の人が全員「自分が太ってきた」と感じているかと言うと実はそうでもありません。

 

40代の人の中には肥満の進行がほとんどされることなく生活を送れている人もいます。

 

では、「肥満が進行する人」「肥満が進行しない人」にはどのような違いがあると思いますか?

 

答えは単純ですがその答えを聞くと驚くかもしれません。

 

答えは・・・・

 

そうです。肥満が進行しない人は忙しいのにも関わらずしっかりと「運動」をしているのです。

 

ここで疑問に思った方もいるかもしれません。

 

なぜなら、私は冒頭で「40代は忙しく運動をする時間も取れない」と言いました。

 

確かに40代は忙しく時間に余裕はありません。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

要するに私が言いたいことは、「1日の中で10分くらい時間の余裕はあるのでないか」ということです。

 

これは私個人の意見ではありますが、1日の中に5分〜10分の時間は必ず時間を取れるはずだと思っています。

 

その隙間の時間にエクササイズをすることは誰にでも可能であり、効果的に肥満の進行を防ぐことが出来ます。

 

それでは、どのようにして隙間時間エクササイズをすれば良いのでしょうか?

 

隙間時間にエクササイズをする為のポイントを4つ見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

■40代が実施すべき隙間時間ダイエット~ポイント編~

 

40代になると家事、育児、残業、接待…などでとにかく時間が無くなります。

 

しかし、1日の間で「隙間時間」は必ずあるはずです!

 

その隙間時間を上手く利用してダイエットしない手はありません(^^)

 

そこで40代が実施すべき隙間時間ダイエットをご紹介したいと思います♪

 

その前に先ずはポイントから・・・

 

<隙間時間ダイエットのポイント:エクササイズが短時間で終わる>

隙間時間にエクササイズをする為の基礎的な部分であると言えます。

 

一回のエクササイズの時間が長くなってしまえば継続的に続けることは難しいです。

 

時間にして長くても『20分』を目安に完結するエクササイズ出なければなりません。

 

<隙間時間ダイエットのポイント:特別な道具がいらない>

隙間時間エクササイズでもう一つ抑えたいポイントが「いつでも可能」であることです。

 

エクササイズやトレーニングというとどうしても何か道具が必要な気がしてしまいます。

 

しかし、エクササイズの道具を日常的に持てるわけではないので、道具を使うとなれば隙間時間に行えなくなってしまいます。

 

<隙間時間ダイエットのポイント:日常の中で出来る>

①と②を踏まえてさらに確認したいのは日常の中でエクササイズが出来るということです。

 

これはどうゆうことかと言うと、日常の動作をトレーニングに変えるということです。

 

もう少し詳しく説明すると日常動作とは歩く、膝を伸ばすなど日常の動作を示しています。

 

これらの日常動作に少し負荷を加えることで出来るエクササイズであれば隙間時間に行うことが出来ます。

 

<隙間時間ダイエットのポイント:場所を取らない>

最後はそのエクササイズが場所を取らないものであるかです。

 

広い場所が無ければ出来ないエクササイズであると出来る場所が限られてしまい、隙間にすることは不可能です。

 

そのエクササイズがコンパクトに出来るものでなければなりません。

 

以上①〜④をご説明しましたが隙間エクササイズのイメージは少し出来るようになりましたか?

 

■40代が実施すべき隙間ダイエット~実践編~

 

まだイメージ出来ない方や具体的どのようなエクササイズが適しているのか分からない方の為に、具体的な隙間エクササイズを3つご紹介します。

 

隙間エクササイズの参考になさってください!

 

<隙間時間ダイエット:プチランジウォーク>

必要な時間:5分

特徴:移動時間の時に可能

 

対象の筋肉:大腿四頭筋・ハムストリングス・脹脛

 

<実践方法>

日常動作の「歩く」をエクササイズに変えることで出来るエクササイズです。

1番簡単で時間もとらないエクササイズのなので今すぐにでも始められる手軽さもあります。

 

普段、歩いている歩幅を1.5倍〜2倍ほどに広げて歩くスピードは普段と同じスピードをキープします。

脚の筋肉を全体的に使えることが分かると思います。

 

<隙間時間ダイエット:レッグエクステンション>

対象の筋肉:大腿四頭筋

必要な時間:5分

 

<実践方法>

座った状態で膝を曲げ伸ばしするだけの簡単な隙間エクササイズです。伸ばした時に太ももに力を入れたまま2秒〜3秒キープをすると効果大です。

反動を使わずに行うことが大切です。

 

このエクササイズは電車での移動、オフィスでの仕事中にも出来る上に必要な時間も『5分』だけで手軽に行うことが出来ます。

 

膝を伸ばした時に人間の体の中でも大きい筋肉である大腿四頭筋(太もも前面)を収縮することができる為、脂肪燃焼効果を期待することができます。

 

<隙間時間ダイエット:ノーダンベルショルダープレス>

対象の筋肉:三角筋

必要な時間:5分

 

<実践方法>

日常動作の腕をあげるをエクササイズにすることができます。(※動画はダンベルありです)

 

まず、椅子に座った状態で万歳をします。

 

この時姿勢はまっすぐ、目線は前を向いてさらにアゴを引きます。

 

手を体の真横に下ろして膝の角度が90度になるまで下ろします。

 

この時、しっかりと胸を開いて腕は真横から下ろしてくるようにしましょう。

 

ダンベルを持たずに行いますが、15回〜20回程すると肩の筋肉を使っているのが分かります。(※動画はダンベルありです)

 

 

■40代がダイエットで成功する為に

 

これらの隙間エクササイズは回数、セット数に縛られずに日常の動作の中に組み込むことが、体力の衰えを防止することとダイエットを成功させることにおいて重要となります。

 

隙間エクササイズを充分に行った人や、これでは物足りない方はもう少し高負荷のトレーニングをする必要があります。

 

隙間エクササイズが充分に効果的だと感じた方はこれらのエクササイズを日常的に行うことで、ダイエットを成功することができるでしょう

 

いずれにしても継続的なエクササイズがダイエットには必要不可欠です。

 

隙間エクササイズで衰え知らずの体を手に入れましょう!

 

『関連記事:40代のダイエットとお酒の付き合い方』