顔痩せしたい人必見!即効性の高い方法とは?!

年を重ねると、シミ、シワ、たるみなど年齢にともなうお顔の悩みが増えてきます。

 

そこに無理なダイエットを強行すると、ほおがこけたり目元にクマができたりと、一気に老け顔になってしまう危険性があります。若い頃と違ってハリを失いつつある40代のお肌は、急激にやせるとたるんでしまってなかなか元にはもどりません。

 

40代からの顔やせは、脂肪を落とすことより、リンパの流れを良くしたり顔の筋肉を鍛えて引き締めたりすることに重点を置きましょう。

 

 

スポンサーリンク

■顔痩せ即効方法:マッサージ

 

顔はふだんソフトな扱いしか受けていない部分ですから意外とこっている場合があります。こりをほぐして血流やリンパの流れを良くすると、むくみが取れて目鼻立ちや輪郭がはっきりしてきます。

 

顔のマッサージで有名なものと言えば、田中宥久子 (たなかゆくこ)さん考案の「造顔マッサージ」でしょう。

 

毎日10分弱のマッサージで本当に顔がすっきりします。

 

通常のリンパマッサージは皮膚にダメージを与えないようできるだけ軽いタッチでお肌の表面をなでるように行なうものですが、この「造顔マッサージ」ではけっこう強めの圧力で顔をグイグイ押したりするので最初は心配かもしれません。

 

重要なのは、マッサージ用のクリームをたっぷりと使うこと。クリームが足りないと摩擦で皮膚を傷つけたり、皮膚表面だけが引っ張られてシワの原因になります。

 

また揮発・蒸発しやすいジェルタイプのコスメ、あるいはテクスチャーが極端にゆるいクリームでは、マッサージの途中で何度も塗りたさなければなりません。

 

硬めのクリームを選びましょう。

 

もうひとつ必ず守って頂きたいのは、「自己流に走らない」ということです。手順や圧力の加減を完全に覚えきるまでは、毎回必ず動画を確認しながら行なうようにしましょう。

 

 

脂肪はマッサージさえすれば移動して理想の場所に落ちついてくれるというものではありません。

 

しかしマッサージを続けることで脂肪細胞が刺激され、あるいは老廃物が滞留しにくくなって、マッサージをしている部分に新たな脂肪がつきにくくなるということは期待できます。

 

よく二の腕や脇をマッサージしてその部分の脂肪をバストに集めるというバストアップ法を聞きますが、これは実際に余分なお肉がバストに流れこんだのではなく、マッサージをくりかえしている部分に新たな脂肪がつきにくくなり、その分の脂肪がもともと脂肪のつきやすいバストにたまたまついたというのが正しいのです。

 

顔の脂肪も同様で、適切なマッサージを行なうことで気になる部分に新たな脂肪がつきにくくなり、徐々にすっきりしてくることが期待できます。

 

もうひとつ、「リガメントほぐし」も有名ですね。

 

リガメントというのは皮膚から骨までを貫通するようにつないで固定している靭帯で、顔には左右対称に複数が点在しています。

 

リガメントは皮膚と骨との間にある脂肪や筋肉もまとめて固定しているので、その部分の皮膚はしっかり結合されていてたるみません。

 

けれどもこのリガメントがこって弾力性を失うと、リンパの流れや血行を遮断し、リガメントのまわりの筋肉がこり固まり動きが悪くなります。筋肉がこっておとろえれば皮膚も重力に負けてたるんでしまいます。

 

一方、目のまわりや口のまわりには目元・口元の皮膚を上に引っ張り上げて表情を作るための筋肉がたくさんあります。リガメントのコリに引きずられてこれらの筋肉がおとろえてくると、眼尻や口角が下がり、たるみやほうれい線が現れます。

 

そこでリガメントのコリをマッサージでほぐして本来の弾力性をとりもどしてあげると、血流が良くなり、リガメントのまわりの筋肉も活性化して、たるみやほうれい線が改善されるというわけです。

 

気をつけるべきは、人によってリガメントの位置は違うということです。

 

たとえばほうれい線が気になる場合は、頬骨に沿って指で皮膚をそっと引っぱりあげてみて、ほうれい線がスッと目立たなくなるポイントがリガメントです。頬骨の近くと、口角と耳をむすぶライン上にリガメントがあります。

 

目元の場合は、黒目の真下、眼尻の少し下、それに眉山のななめ上にリガメントがあります。

 

正確な位置がつかめない場合は、この3点をつなぐように目のまわりをグルっと刺激してあげるといいでしょう。

 

いずれもやりすぎは禁物です。

 

指1~2本かメイクブラシの柄の先の丸みでクリクリと痛くない程度のソフトなマッサージを続けてみましょう。

 

参考URL:http://neuertraum.com/ligament-2310.html

 

 

■顔痩せ即効方法:表情筋を鍛える

 

顔には30種類以上の筋肉がありますが、ふだんの生活ではその3割程度しか使われていません。

 

そこで大げさな表情を繰り返す顔面のエクササイズを行なうと、ふだん使っていない顔の筋肉が鍛えられ、小顔効果だけでなくシワやたるみも改善することができます。

 

表情筋を鍛えるには「ながら」運動が取り入れやすくてオススメです。

 

食器を洗い「ながら」、洗濯物をたたみ「ながら」、シンクや洗面台を磨き「ながら」、口をなるべく大きく開けて「ま・い・う」「あ・い・う・え・お」「あ・え・い・う・え・お・あ・お」などの言葉を、各音、数秒ずつ発声します。

 

手元の危なくない日常の動きに組み込んでみましょう。

 

また、ペットボトルを使った顔の筋トレも効果的です。

 

500mlのペットボトルに水を入れて口でくわえあげ、ぶらさげてキープするトレーニングです。さいしょは少量の水から始めましょう。

 

ペットボトルの底から1~2cmほどの高さまで水を入れ、ふたをして、歯を使わずくちびるの力だけで垂直に持ち上げます。

 

余裕があるようなら前後左右にくちびるの力だけでゆっくり動かしながらキープします。

 

だんだん水の量を増やして負荷を上げていくことで長く続けることができます。

 

40代にも効果的な、わりあい即効性のある顔やせ方法を3つご紹介しました。

 

どれも継続が肝心です。手順をしっかり理解して、正しい方法でチャレンジしてください。

 

 

■顔痩せ即効方法:まとめ

 

ダイエットに限らず何事にも言える事ですが、「継続」することが効果を得るうえで一番重要になってきます。

 

最初は続けていても効果を実感できないかもしれませんが、それでも続けることをやめないでいるといつしか必ず効果が出てくるときが来るのです。

 

そこまで続ける事ができれば、自然と「続ける」という事が苦痛ではなく「習慣」になっているので、ダイエットを始める際は自分との闘いになりますが、頑張ってください。

 

その先に【理想の体型】や【理想の自分】があるのです。

 

『関連記事:手軽にセルライトを消す方法』