40代になると何故太りやすくなるのか?その理由と対策方法を解説!

40代になると途端にカラダが以前より太り始めているな、と思うことはありませんか?

 

実はその理由の一つとしては「女性ホルモンのバランス」が影響しており、そのせいで職場の同僚や学生時代の友人との話題は「あの頃はスラリとしていたのに、今はこんな体型になってしまった…」という「過去の体型話」で持ち切りになっていることになります。

 

このように、40代になると「誰もが太りやすい体質」へと変わっていってしまう時期にあるからこそ、今まで以上にカラダを気遣いながら日常生活を送る必要があるのです。

 

特に40代女性はその「太りやすさ」が顕著に表れるので、生活習慣を改善して健康なカラダを維持できるように努めていかなければなりません。

 

そこで今回は、「40代女性が太りやすくなる理由「対策方法」をお伝えしていきたいと思います!

 

ずっと健康でいられるカラダづくり、今から始めましょう♪

 

スポンサーリンク

■40代が太る理由は女性ホルモンが影響している?

 

冒頭でも「40代になって太る理由は女性ホルモンのバランスが影響している!」とお話ししました。でもそれだとかなり抽象的なので、もう少し掘り下げて考えていきたいのですが、その前にまずは「女性ホルモン」について説明していきたいと思います。

 

そこで突然の質問になりますが、あなたはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の違いはご存知でしょうか?

 

一般的によく使われる「女性ホルモン」という言葉の意味は、この2種類のホルモンを指しているのであり、これらの分泌量により女性のカラダとココロに大きく影響を与えているわけです。

 

そこで、なぜ40代から女性ホルモンのバランスに変化が生じるのか?と疑問を抱く人がいるかと思いますが、これには「閉経」が関係しているのです。

 

日本人の閉経年齢の平均は「およそ50歳前後」と言われており、その時期に差し掛かる40代はホルモンバランスの乱れが著しいものとなるので体質的にも変化が生じるのですが、まずは女性ホルモンの特徴を見ていきましょう。

 

エストロゲンの働き

 

・子宮内膜を厚くする

・自律神経の安定

・骨を強く丈夫にする

・髪、肌ツヤをよくする

・脳の働きを高める

 

エストロゲンは、排卵期に大量に分泌され月経期に向けて分泌量が減少します。

また、エストロゲンの分泌量が減ることによっておこる体調の不調こそが「更年期障害」なのであり、特徴として現れるのが、「不眠」「動脈硬化」「骨粗しょう症」「認知症」などの影響です。

 

プロゲステロンの働き

 

・子宮内膜を厚くする

・基礎体温を上げる

・食欲を増す

・妊娠を継続させる

 

プロゲステロンは、排卵後から急激に分泌が増えるホルモンです。着床が起こらなかった場合、分泌量が減少し子宮内膜がはがれ月経へと繋がってしまいます。また、プロゲステロンはPMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)の原因とも言われているのです。

 

特徴としても「イライラ」や「食欲の増大」が現れることにあります。

言い換えれば、食欲増大の原因は「プロゲステロン」にあるということですね!

 

これらが分泌される量が多いタイミングであれば、あなたは知らず知らずのうちに食事の量が増えているでしょう。ちょっと甘いものがほしくなって「チョコレート」「お団子」「スナック菓子」などつまんでしまう傾向はありませんか?

 

その行動こそが太る原因になっているのです。

 

■太りやすい環境にある「月経前10日間」の過ごし方

 

あなたは、月経周期をスケジュール帳などに記していますか?

「面倒だな~」とか、なんとなく先月から数えて「次の月経はこのくらいの時期かな」と、あいまいな感覚で捉えている人は今月から月経開始日と終了日を書き残すように改善しましょう。

 

なぜなら、個人差はありますが、一般的に閉経に向けて毎月少しずつリズムが崩れていくからです。

 

産婦人科で月経や更年期障害について相談する場合に必ず必要となるのが月経周期です。

月経開始約10日前からプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響により、食欲が増して太りやすくなることは先ほどのお話から分かったかと思いますが、それだけではなく”女性らしさ”をもたらすエストロゲンの分泌にも影響しているので、月経周期の把握が必要となるのです。

 

ですので、体の性質的な部分から考えてみても、月経開始10日前から「食事の量」と「間食の頻度」に細心の注意を払った方がいいといえるでしょう。

 

けれども、そうはいっても食欲を止めることは難しく、我慢することでストレスを増やす原因にもなりかねません。

 

だからこそ、「太りにくくするため」のちょっとしたアドバイスをお伝えしていきたいと思います♪

 

■太らない為の環境を作る方法

 

これはすぐにでも実践できることですが、太りにくくする為には買い物の「タイミング」と「回数」を見直す必要があります。

 

そこで、あなたは普段どのようなタイミングで買い物に出かけているのか少し考えてみてください。

 

夕食のご飯を作る前やお仕事帰りに買い物に行くことが多くはありませんか?

お腹が空いたタイミングで買い物に行っていませんか?

 

実は、そのタイミングこそが落とし穴なのです!

なぜなら、これらに共通して言えることは「お腹が空いている状態」であるということだから。

 

空腹時にスーパーへ足を運ぶとどれもおいしく見えてしまい、「食べたい欲」に負けて買い物かごへと入れてしまうなんてこと、心当たりがあるのではないでしょうか。

 

さらには、買い物へ行くたびに「食べたい欲」と戦う必要があるため、買い物に行く回数が増えてしまうだけ、本来買うべき予定が無いものを買っていたりしませんか?

 

それらを防ぐためにも、買い物に行くタイミングや回数を工夫して、「余分なものを買わない」「家にあるもので我慢」という環境を作る必要があるのです。

 

無意識のうちに買ってしまうことで「太りやすい環境」を作ってしまい、それが太りやすい時期だったらどうでしょう?

 

当然太ってしまいますよね…。

でも、こうした知識や認識がないと「知らないうちに太った…」「いつの間にか太っている…」ということになるのです。

 

だからこそまずは「太りやすい環境」を改善することから始めることをオススメします。

 

■40代になると何故太りやすくなるのか?まとめ

 

40代の女性が太りやすい理由とその対策方法について詳しくお伝えしてきました。

 

今までもこれからも変わらず付き合っていかなければならない「女性ホルモン」。

だからこそ、きちんとそれらの特徴を理解し、あなた自身のカラダの変化と結びつけることで、体調管理や健康体の維持につなげることが出来るのです。

 

「食べたい欲」を買い物のタイミングと「回数」で上手に抑えながら、今の体型をキープしていくことからダイエットは始まります。

 

明日から「腹筋500回!」とか「明日から1日500Kcal減らせ!」というと難しいかもしれませんが、買い物のタイミングと回数を工夫することならできそうですよね?

 

まずは、こうして出来る範囲からダイエットを始めて、その範囲を少しずつ増やしていけば自ずと痩せることは出来るのです。

 

でも多くの人は無理をしてしまうのでダイエットが続かなかったり、リバウンドに繋がってしまいます。

 

短期的に痩せるのではなく、長期的に痩せることを目指すためにもこうした土台作りが必要になってくるので、「そんなの知ってる!」なんて言わないで自分の生活環境をもう一度見つめなおしてみてください。

 

『関連記事:自宅でも簡単にできる40代のダイエット方法』